2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の24件の記事

2007年11月29日 (木)

ただいま出張中

a2dd9b06.JPG電車で海辺を疾走中。

海から離れた街に生まれ育った新米父は、今でも海を見るとときめく。

この週末暖かかったら、車を飛ばして3人で海辺に行ってみようかな。

息子、海デビュー。ムフフ。

思ってたより早くにこの時が来た

33d3b633.JPG昨日は……


起きている息子の姿を一度も見なかった。


ですわ。で、寝姿の後頭部だけ

今日早起きで出張に向かう新米父は、その準備のため昨日の帰宅は日が変わってから。帰ったら息子は熟睡しとりました(笑)。で、朝出かける時も寝てたので、ということだったので。

まぁ、いつかはこの時が来るとは思ってたが、生後2ヶ月でとはなぁ。

今朝起きたときにはもうおっぱい中でした。いつもこんな感じみたい。僕の仕事を気遣い、いつもは夜中〜早朝は起こさないでくれている妻に感謝です。

丸1日以上ぶりに会った起きている息子。また一回り大きくなった気がするのは嬉しいが、なんかちょっと複雑。

2007年11月28日 (水)

ひざとお股が一直線

e5bb7ba4.JPGついに着られなくなった服が登場した。

産まれてすぐに買ったカバーオール、気がついたらバッツンパッツンで、ひざとお股のラインが揃ってるやん(笑)。

この服は今回で引退、かな。

今日、息子を素っ裸にして、ついでに新米父も素っ裸になって体重を計り直したら5.0kgやった。いくらなんでも5.8kgはおかしい思ってたけど。それでもかなりの成長ではあるな。

冷静に考えれば、新米父は裸になる必要はなかった、かも……

2007年11月26日 (月)

寝顔

a09bda39.JPGさて、明日からは平日に突入。この週末は息子とたっぷり一緒に過ごせたので嬉しかった。

けどそのせいで、なおのこと平日がうらめしく思える。はぁ…

2007年11月25日 (日)

定例、体重測定

抱っこすると息子がズシリと重く感じるようになった今日この頃。
2ヶ月になったということで、定例の体重測定をしてみた。

いつもの方法で息子の体重を計測。ちょいちょいと引き算するると。

えっ? 5.8kg?? そんなにかい!

もう5kgはあるかいなとは思っていたが、6kgに達してたか。いつのまにやら乳児成長曲線のストライクゾーン真ん中より高めに入ってた! どうりでズシリとくるはずや。1ヶ月検診半月前の新生児訪問のときと比べると、

・11/15との比較:
 4400g→5800g(+1400g、+32%)
・10/24との比較:
 3600g→5800g(+2200g、+62%)

ってな感じで、たった半月で1400gか。
今のところ、あんまりブヨッとした感じもないのでまぁいいかな。

日中、新米母はお買い物に外出、その間息子と2人でお留守番です。
ミルクやっておむつ替えて。ついでに近所の公園にデビューしてみました。デビューって言うても、公園の隅っこを申し訳なさげに、2人で通過しただけですがね。

息子、イチョウの黄色とかその他の木々の紅葉した赤とかに結構反応してた。やっぱり原色っぽいのに食いつきがええんかな。

公園へ息子を抱っこしてお散歩したので、ほんの15分ほどの行路とはいえ新米父の腕はかなり張ってしまいました。

そろそろベビーカーを真剣に考えんとあかんな。

おうちに帰り着いてからは、うつぶせ寝の練習。
だいぶ首が持ち上がるようになってきた。
うつぶせ練習中

2人でお留守番は楽しいけど、ミルクにおむつにいろいろとやっぱり赤ちゃんの世話ってたいへんやなぁ。毎日これをこなしてる新米母には本当に感謝です。

新米父はすっかりへとへと。けど充実した3連休やった。こういう疲れはいいもんや。

2007年11月24日 (土)

ばあば参上

先週できあがっていた初宮参りのアルバムを取りに、ばあばが京都から参上。すっかり大きくなった息子にご満悦。ミルクやら抱っこやらやってもらったけど「重なったなぁ」と。

お出かけ時に抱っこしてもらったときにはちょっとギブアップ気味で、途中で新米父に交代。それでも孫を抱っこするというのはやっぱり嬉しいものみたいで、帰宅してからもずーっと膝の上で寝かしていたりした。

早いうちに息子を連れて京都に行きたいなぁ。出生前に安産祈願で何度もお参りした、わら天神さんへのお礼にも伺わないとね。

(2007.11.25記)

2ヶ月になりました。

日記の右上に「生後○ヶ月×日♪」というコメントが入るスクリプトを入れてます。
今日で生まれてから2ヶ月、○のところが2となりました。

最近は、母乳もミルクも飲み干す量が増えてきて、ミルクをあげるときには1回に180ccにしているのですが、それでもちょっと物足りなさそうな感じ。生まれてからしばらくは40ccがやっとで、それを何とか飲み干してくれたら嬉しいやらホッとするやらだったのが、最近は「おいまだ飲むんかい!」って感じになってきた。

息子、現在推定5kgほど。新米父の14分の1ほどの体重。ってことで180ccのミルクは、新米父が飲むのに換算すると2.5リットル。。。ビールでもそれだけは飲めんわ。

まぁそんな感じでおっぱいやらミルクやらをがぶ飲みする息子がちょっと頼もしく見えますね。

目で色んなものを追えるようにもなっているみたいで、あとこっちの言うことや機嫌がいかほどかってのも何となく分かってるように思えます。このまえ爪で顔をひっかかれたので「メツ!」ってやったら、ちょっとシュンとしてました。まぁほんの一瞬ですけど。

ついでに親の方も、生まれて最初の1ヶ月に比べてちょっと余裕が出てきたかな、という感じがしてます。いろんな意味で。

2007年11月23日 (金)

3連休だ

今週3回目(うち1回はタクシー併用)の終電で帰宅中。

どうにか3連休は勝ち取った(*'o'*)

さて息子よ、久々にゆっくりあそぼーぜ!

しっかし、周りには酔っ払いが多いなぁ、今日は……(´〜`)

2007年11月22日 (木)

乳吐き防止用まくら

ddee319f.JPGと言うらしい。緩い傾斜のついた大きな枕を昨晩から使い始めた。

乳吐きの予防効果についての評価はこれからになるが、ひとまず寝心地は悪くはなさげだ。

昨晩もスヤスヤと熟睡してた。

こうすればしつけはちゃんとうまくいく

今日会社から帰ると、テーブルの上にこの本が置いてあった。

こうすればしつけはちゃんとうまくいく←PHP出版のサイトに飛ぶ。

ここのところ、意識して子育てノウハウ本を避けていたのだが、
何となく気になり読んでみた。

うーん、最近のいろんな育児雑誌(避けていると言いながら結構読んでる(笑))に真っ向から立ち向かうようなこの本。
抱き癖ブラボー抱っこしまくれ、みたいな最近の流れに挑戦するかのように、「泣いたからと言ってすぐに抱っこする、お乳をやるのはいかがなものか」と主張する。出産したクリニックで聞いた話しと対立するような事柄も書かれているので、なかなか興味深く、一気に3分の2ほど読んでしまった。

結構新鮮で面白い。

著者がアンチテーゼを示している「子どもと大人は平等!」と言う考え方に対しては、
僕もちょっと違うなと思っていたりして、親はやっぱり子供の上に立つべき存在なんや、とも信じている。そういう面では、著者の考え方には賛同できるところも多い。

とは言え実際には息子に結構甘々の新米父。この本の著者に思いっきり叱られそうなタイプの父親であるかも(汗)。

1冊の本だけに振り回されるのはどうかとは思うけど、息子のこととか、
親子の関係とか、あるいは父親ってものを考えるのにいいヒントはもらえたかな、という気はしている。

続きを読む "こうすればしつけはちゃんとうまくいく" »

2007年11月19日 (月)

寝顔

604c5b9a.JPG昨日は丸一日休日出勤となってしまった。トホホ…

それでも夕食は親子3人で鍋をつつくことができた(うち1名はおっぱい) 。

スヤスヤと眠る息子。この寝顔があるから、また1週間頑張れるんよねぇ。

月曜の朝会社に向かうときに、後髪引かれる原因でもあるんやけどね。

今朝も……引かれましたですよ(苦笑)。

2007年11月17日 (土)

アルバムできあがり

7e262bac.JPG初宮参り参りの後にスタジオで撮った写真のアルバムが出来上がった。

新米母、写真館に突入。前の駐車場でで息子と父待機中。ベビーシートに縛り付けてられ、諦めの境地の息子はふて寝中。

こどもの救急

今年はインフルエンザがもう流行り始めているらしい。
ここ数年、夫婦でインフルエンザの予防注射を受けている。

そのお陰かどうかを判断するすべはないのだが、予防注射をするようになってからインフルエンザにはかかっていない。大流行と言われた昨冬もOKやった。

お一人様4,000円ちょい。安くはない値段やけど、インフルエンザにかかったときのあのしんどさを考えたら、まぁ悪くない投資かなとは思う。

今年はちょいと早い目に、そろそろお医者さんに行かんとあかんかな。

息子、まもなく2ヶ月。もうちょいしたら、母ちゃんからもらった免疫も切れ始め、風邪やらなんやら色んなものをもらってくるようになるやろう。
それに男の子だけに、はいはいやあんよができるようになったら、それこそどこにすっ飛んでいくか分からない。すっ飛んでいけば、切り傷や打ち身や下手すりゃ骨の1本や2本やってしまうかもしれないし。

自分が子供の頃のことを思い出しても、よくまぁ今こうやって生きてられるなぁという、危ないイタズラとか冒険をやってたしねぇ。校舎の3階の窓枠につかまって、みんなで外側にブランブランとぶら下がって遊んでたこともあったもんなぁ。その時にちょっと手がすべってたら、そのうちの何人かはこの世にはおらんよなぁ。今思い出したらちょっと背筋が。。。まぁ、何時の時代も特に男の子はなにをしでかすか分からん訳です。

子供の病気は発症も進行も(ついでに治るのも)急やし、ケガなんてそれこそ何時どこで発生するかわからんし。
病気にかかったら親としてはびっくりして、ちょっとしたことでも救急車を呼びたくなるやもしれない。病気でもないのに大いにあせったこんなこともあったし。そうでなくても無駄な出動要請多発で、救急車は全然足りていないから、タクシーや自家用車で運べばいい程度の症状ならそうしたい。

・無駄な出動要請→救命救急士たちのため息現場:うーん、世の中イタすぎる。。。

けど、病気やケガで息子がえらいことになっているときに冷静に「家庭の医学」をひも解く自信があるほど、新米父は大人ではない。それに親の自分の自己判断で病状を過小に判断して、悔いても悔やみきれないようなことになるのはもっと辛い。

で、こんなページを見つけた
こどもの救急

子供の症状に応じて、チェックボックスをちょいちょいとクリックしていけば、どう動くべきかが分かる仕組みになっててなかなかよさそう。

たとえば、、、

頭を強くぶつけたときに
けいれんがある
 にチェックが入れば「救急車で病院に行く」
意識がない
 にチェックが入れば「救急車で病院に行く」
何回も吐く
 にチェックが入れば「自家用車・タクシーで病院に行く」
大きなたんこぶができた
 にチェックが入れば「おうちで様子をみましょう」

って具合。他にも発熱(38℃以上)とかけいれん・ふるえとかいろんなメニューがあるので、一次判断としては使えそうな気がする。これなら新米父でもなんとかなりそ。

ということで、「新米父ちゃんのみち」のリンク集ページにもURLを登録した。あとはいざってときに、自分のブログをチェックすることを思い出せるかどうかが勝負やな。

2007年11月16日 (金)

誕生おめでとう。で、どっち?

息子が生まれてもうすぐ2ヶ月になろうとしてて、
「赤ちゃん生まれました」ってあいさつをするのも一通りの相手に対して完了。
赤ちゃん生まれましたとなれば、対句のように付いてくるのが

「で、どっち?」
「男の子です」

そのあと
「男の子? よかったねー」
ってコメントを何人かから同じようなニュアンスの言葉を聞いた。

妊娠6ヶ月くらいの時点で性別は聞いていたけど、それを聞く前から生まれてくる子が男の子か、女の子かというのにこだわりはなくて、ただ名前とかを考えるのに性別は早く知りたかったというのはあるけど、「男の子がいい」「女の子がいい」ってのはまったくなかった。なので答えは「どっちでもよかった」(あー素っ気無い!)

そう言ってみても「そんなことないやろ?」って無理矢理にでもどっちかが欲しいと言わせようとしている人もおったけど。

もちろん息子が生まれた後でも、生まれたのが女の子だったらあーしてこーしてとかというのを想像したこともあったし、もし女の子が生まれていたらまた違った可愛がり方とか接し方をしてたと思う。

と、ここまでこんなことを書いてると「本当は女の子が良かったんちゃうのん?」というように読み取れなくもないけど、全然そんなことないし、息子がこの先大きくなるにつれてあーしてこーして、一緒にあれして遊んでってのは今からワクワクしてるし。子供への接し方の形はちょっと違ったものになっていたとしても、愛情は同じじゃなかったのではないかなぁと。

要するに、僕たち夫婦のもとにやってきた宝物ということが大事。That's All! それだけ。それがたまたまうちのところは男の子だった、ということ。

「男の子でよかったね」とか「女の子がよかったんやろ」と無理矢理にでも(笑)言わせようとした人にこの思いを伝えたかったき持ちはある、残念ながら喋るのがあんまり上手でないというのと、そもそも面倒というのもあって結局は説明せんかった。

もちろん、「男?女?」の質問をしてきた人に悪気が無いことは分かって言ってるんですけどね。

なんかとりとめなくなりましたが、この数ヶ月の間に思ったことでした。

2007年11月15日 (木)

行きが新幹線なら

88ed9f7b.JPG帰りも当然(?)新幹線ってことで。

出張先での仕事もどうにか終わり、おうちに向かうとします。

普通に会社に出てるより、早く帰宅できるのが出張の魅了やな。

何年かたったら、息子共々新幹線でお出かけできるかとちょいと楽しみ。レールスターの個室もよさげ。その頃には九州新幹線とも繋がってるかも。

ってことは、やっぱ目指すは西か(^-^)v

新米父、出張の旅へ

eeac3fe5.JPG朝もはよから出張へ。今朝はちょうどいい時間に息子がおっぱいを欲したおかげで、うまく起床できた。息子、「どうや、ええ頃合の時間やろ」ってニンマリ顔に見えたのは気のせいか。

毎年このくらいの時期から仕事がヒートアップしてきて、出張やら休日出勤が増える。しんどいなぁ、なかなか。

そう言えば先日、取引先のエラい方が、「新米父は最近休日来ないな。家庭の事情か」と言うてたそうだ。


家庭の事情、ですか。休日に休むのが……


いやいや、当たり前に休日出てた今までの方がおかしいやろ。
けど世の中、そんなもんなのかなぁ、やっぱり。「家庭サービス」なんてコトバが横行しているくらいやから。

2007年11月12日 (月)

困った……

最近、やたらとウンチが漏れる。

もちろん、息子のことだが(新米父ではない)。

オムツをSにグレードアップしたからか? いやいや、新生児用でも漏ってたし。明らかにオムツの装着にミスってる場合もあったけど(父ちゃんが担当したときに多発)、パーフェクトなときでも漏れるときは漏れる。

最近おっぱいガブ飲みなので、単純に量が増えたのかなぁ。

従兄弟がやってきた

息子より一足先に生まれてきた従兄弟、我が家に本日2回の登場。新米父とは初対面。

「はじめまして、新米父です。」

さっそく抱っこさせてもらう。
うーん、大きいなぁ。。。たった1ヶ月ほどの違いでこないに大きいとは。。。

従兄弟推定6kg、息子は推定4.5kg。うちの息子も1〜2ヶ月くらい先にはこんな感じになるのねー。

従兄弟の両親と、うちの夫婦と4人であーやこーやと。当然ほとんどが子育て談義。

従兄弟と息子がもう少し大きくなって、ハイハイでもできるようになったら、
おもちゃの取り合いでけんかでもしながら、色々と遊ぶのかな。

2007年11月11日 (日)

お風呂デビュー

今日は、じいじの職場にアポ無し突撃。
お店で働いているじいじは、土曜も仕事をしているので息子と会う機会がほとんどない。それに私たち夫婦、そこの店主の方にもいつもかわいがってもらってるので、息子のお披露目ってことで突撃だ。

さて我が息子。さすがに今はどこ行ってもアイドルだ(笑)。さっそく店主の方に抱っこされ、1時間ほどお邪魔していろんな話しをして帰ってきた。じいじも喜んでくれていたので、ほんとよかった。

そのごアカチャンホンポでいろんな買い出しをし、おうちへ帰宅。

本日から沐浴からお風呂に昇格。
今まで、洗面台を使って沐浴させていたのだが、息子も成長してさすがに手狭になってきた。で、記念すべきお風呂記念日の入浴係りには、父ちゃんが指名された(喜)。ブラボー。

まぁお風呂に昇格と言っても、それまで洗面台でやってたことをお風呂の中でやるだけのことだが、さすがに浴槽の方が広いので、何をやるにしても余裕があってよろしい。
洗面台の時に比べ、息子もご満悦だ。父ちゃんはそれ以上にご満悦だ。
今日は、夕食時に特大のうんちを産出して、オムツからあふれだしてお腹やら背中やらがうんちまみれになっていたので、全身をキレイに洗って、風呂の外で待ち構えている新米母にトス。その後新米父はゆっくりとお風呂に。

ん? ってことは新米父の入っていたお風呂には、むすこのうんちが溶け込んで...

うつぶせで進め!

今週の始めのほうに、役所(保健所かも)の新生児訪問指導が来られた。
助産師さんが自宅までやってきて、育児のあんなこととか、赤ちゃんのこんなこととかそんなのを指導してくれる。

平日だったので新米父は会社に、よって新生児訪問指導は新米母と息子の2人にて。
どんな人が来るのかいな、と多少の不安はあったけども、話しを聞くとやさしそうな方がこられたようだ。ヨカッタ。

体重も計ってもらって、そのときで4400g。生まれたときからくらべて1700gほどの増加。ほぼ1.6倍の増加。あんまりふっくらした感じはないのだが、結構締まったいい身体なのかも、父ちゃんに似ず。。。

さて、そのとき指導されたことなのだが、

(1)お風呂はお父さんが入れてあげて!
とは言うものの、残業まみれの日本の会社。なかなか手ごろな時間に入れるのは難しい。
助産師さんいわく「日替わりくらいまでやったらお父さんが入れてあげた方がいい。そりゃ、早い時間に入れるに越したことはないが、それよりもお父さんが入れてあげることによるスキンシップのメリットの方が大きい」とのこと。ウホッ、それはいいことを聞いた。

(2)1日に何回かうつぶせにしてあげて。
そのときに赤ちゃんは首を持ち上げる動作をするが、これが手ごろないい運動になるそうだ。

それ以外は、特に問題ということもなく、あとは近所の児童館でやっているお母さんサークルを紹介してもらったりもして、なかなか有意義な指導だったみたいや。

さて、うつぶせ運動だが、さっそく実践中。

うつぶせ

首を持ち上げる動作もなかなかいい感じ。首が据わるのも、意外と近いかもね。

2007年11月 7日 (水)

冬近し?

bea483cb.JPG今朝はよく冷えたぁ(*'o'*)
なので、息子のお布団が若干冬寄りに。それまでのおくるみ(アフガン)が、掛布団になりました。

まだまだ息子、埋もれてますσ(^◇^;)。。。

2007年11月 6日 (火)

ぐずる…

直前の日記で「ちょっとうらやましかったり」などと書いたのだが、昨晩はそんな生やさしいものではなかった。

ほとんど朝まで抱っこしないとグズりっ放しで、新米母ほとんど寝られず。僕は寝させてもらったけど、寝ないと仕事に差し支えるからとは言え申し訳ない。

赤ちゃんが大きく成長する時期には、扱いにくい時期があるというが、今がその時期なんやろか?

おむつ昇格

生まれた頃は新生児用オムツもブカブカだった息子、気がついたら新生児用ではフトモモあたりがちょいと窮屈になってきた。かといって、Sサイズではちょいと大きすぎやし。
おむつ昇格

写真で見ると大した差には見えないが、実際ははかせて見るとその差はかなり大きい。何にしろ、こういう過渡期はなかなかどうしたもんか困ったもんです。

身体の成長とともに、いろんな能力の方も身についてきたみたいです。母ちゃんと父ちゃんの区別は生まれたときからちゃんとついているようですが、よりはっきり認識できるようになった気がする。
最近は父ちゃんが抱っこすると泣いてしまうようになりました(悲)。抱っこヘタになってきたのか、もっと単純に嫌われてるのか。うーん、ちょっと悲しいなぁ、嫌われてはないとは思うんやけどなぁ。

最近息子は、抱っこされていないと猛烈に泣きます。寝る前のミルクもほとんど功を奏しません。
ただ今(2:30)新米母は、自分は仰向け、息子はその上でうつぶせで寝ています。そんな格好で2人ともスヤスヤと。しかも息子は安心しきって寝てる。
息子、現在推定4.2kg程度。よーそんなんできるわと思いつつ、やっぱり母は強いなぁと改めて思う。正直、僕はできないです。。。

新米母は大変やけど、ちょっとうらやましかったりもするなぁ。

2007年11月 4日 (日)

まつげがクルンと

息子が生まれて1ヶ月半近くになった。

今日お風呂に入れた時に気がついたのが

「太ももふとくなったなぁ」

ってこと。日に日に足蹴りの力が強くなっているとは思っていたけど、改めて成長に気付いた。

まつげがキレイに伸びてきたことにも気付いた。生まれたときは目の周りがつるつるテンでまつげなんて全然生えてなかったけど。

まつげ
毎日見ていると成長を見逃しがちなんやろうけど、こうやってたまにふと気がついたときに、子供の成長の早さに驚かされる。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »