2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の35件の記事

2008年3月31日 (月)

[単独行動]ひと仕事終わった

[単独行動]ひと仕事終わった
[単独行動]ひと仕事終わった
新幹線降りてからの乗り換え後は普通電車で移動。それなりの乗車時間があり、通勤電車のロングシートでは良質の居眠りが確保できんので、ここはひとつグリーン車を奮発。おかげさんでグッスリと寝られた。1000円札が数枚のコインに化けたが、まぁ悪くはない投資かな。

仕事が思ったより長引き、こちらの黒いダシを味わおうと、駅で格別とは言えないソバを食してから、東京駅からのぞみに飛び乗ったのは19時を回ってた。今日は息子を風呂に入れられるかなと企んでたけど甘い甘い。朝は「9時過ぎに着くなんて、東京も以外と近い」なんて思ってたが、そうでもないなぁ、と逆のことを思いながら家に向かう。だいぶ腰が痛くなってきた(>_<)

人が多いというのもあり、妙に疲れたなぁ。やっぱり関西がいいなぁ、住むのも働くのも。

[仕事]花の東京〜♪↓

[仕事]花の東京〜♪↓
うーん、当日移動でこんな時間に東京に着いてしまうとは…。新幹線恐るべしよ。

相変わらず、人多いなぁ。早く仕事終わらせて帰りたい。

[お金]学資保険とか

そろそろ考えねばと思いつつ今まで先延ばしにしてきてた学資保険、まずは保険会社の方に話しを聞いてみた。適正な金額とかいろいろと。

仮に息子が大学進学するとして、入学金やら授業料やらで初年度少なくとも約100万、その他諸々で1.5倍ほど。その前に高校進学もあるし、塾にも少しは行くだろ。ん〜、頭痛い。。。。(〃_ _)σ‖
保険会社の人も言うてたが、これを全部学資保険で賄うのは少々無理があるみたいで、自由に使える預貯金を併用しながら順調するのが正しいようだ。自分達の老後のお金も要ることやし。まずはライフプランの見直しが先のようだ。

息子には自分のやりたい道を見つけて進んで欲しい。それは大学進学ではないかもしれんが、まぁ、それなりの備えはしとかんてあかんなとは思う。
けど、「父ちゃん、オレ東京の私立の医学部に行きたい!」なんて言われたら、父ちゃん、倒れそ(*_*)。

今日はその東京目指して、一番電車で出張だ。妻が作ってくれた特大オニギリ(美味しい!)でお腹も膨れた。とりあえず、新幹線でゆっくり寝るとしようφ(_ _)。o○グゥ

2008年3月30日 (日)

[6カ月] 大きくなったぞ!

終電で帰宅し、
その後ゴニョゴニョと日記の引越しやらをしてたら
布団に入ったのが3:30。

そりゃーまともな時間に起きられるわけもなく、
朝の9:30まで爆睡。早寝早起きの習慣など
完全に霧散してしまっている(苦笑)。

さてそれはともかく、
今日は息子の身長と体重を計ってもらう機会があった。

今月のスペック

  • 身長:69cm
  • 体重:9,400g(衣類無しの推定値)

ってことで、ついに10kgの壁が見えてきたぞ。
そりゃー、抱っこしたら重いはずだわ。

身長の伸びがちょっと足踏みしていたのが、
こちらも70cmが見えてきたので一安心。

離乳食についてのアドバイスもしてもらい、
近いうちに赤い野菜にステップアップしていく予定。

さて息子、離乳食が始まってから若干お通じが悪くなったようで、
昨日今日とあんまり通っていなかったのだが、

今日、身体測定の後いきなり開通!
お外だというのに服はうんちまみれ。

これまたまずいことに着替えも持っていなかったので、
肌着を引っぺがして、上着だけを着せて大急ぎで車で自宅へ。
上着が直接肌に当たっていたのでチクチクと痛かっただろう。
息子はずーっと大泣きのままでした。

肌着の替えはオムツとセットでちゃんと持ち歩かねばと
反省反省。

ゴメンね>息子

[雑談]引っ越しました

livedoor blogで続けてきた新米父ちゃんの日記。
1年以上書き続けてきたのですが、
僕のニーズにちょっと合わないところがでてきて、
いろんなブログサイトを検討して、
結局ココログに引っ越してきました。

いろいろ検討した結果、
最後ははてなとココログの一騎打ちに。
モブログしたときの日記の仕上がりとか、
過去日記検索の出方とか、カテゴリ分けとか、
はてなには相当心が傾いたのですが、
MovableTypeファイルからコメントが引き継げないのが
最大の難点で、結局コメントもTBもそのまま引き継げる
ココログに決定。

元々息子を授かってからの自分の日々の記録として始めた
「新米父ちゃんのみち」(←これが昔のタイトル)。

日記を続けていく中で、色々な方からコメントを頂いて、
そこから色々なことを知ったり考えたりしてというのは、
当初では全く考えてなかった出来事だったのですが、
今となってはこの日記の最大の財産の一つですので、
これを移行時に切り捨てるという選択はありえなかったのです。

なので、コメント完全移行ができるココログに決定。

僕が一番欲しかった「過去記事の完全検索」は、
管理モードであれば望んでいたものが手に入れられたので
それには満足してます。
できればそれを公開画面にも持って行きたいのですが、
それは追々やっていこうかなと
(Ajaxなスクリプトが用意されているようだ)

で、livedoor blogからの移行、
会社から帰ってからの時間を使ってボチボチとやってたので
1週間近くを要してしまいましたが、思ってたよりは楽にできた。

画像ファイルをFTPで取ってきてZipで固めてココログに上げ、
livedoorからMovableType書式ファイルを出力し、
ココログのURL書式を推測して合わせる形に修正し、
最後にMovableTypeファイルをアップロード。

うーん、仕事の続きみたい(笑)。

画像サムネイルの大きさがlivedoorとココログで異なっているので
所々昔の東映映画のような見た目になっている絵がありますが、
まぁそれはご愛嬌ということで。

さて、引越し後も今までと同じく
ボチボチと父ちゃん日記を続けていくことにしましょう。

2008年3月29日 (土)

[6ヶ月]あしたは体重計れるかな

ここんとこ、金曜は終電までお仕事して帰るのが風物詩となりつつありますが、今日もそんな感じ。とにもかくにも土日ゲットはお休みです。

今週ついに6ヶ月を迎えたわが息子。昼間は母ちゃんの姿が少しでも見えなくなくなると不安になるのか、猛烈に泣いたりしてるみたいで、「お母さんがどこかに行くかも」と言う不安を感じられるくらいいろんな認識能力もパワーアップ中のようです。掃除や洗濯といった家事もままならぬようで、それはそれで大変なのですが、成長の証であることには違いはありません。

さて、明日は体重測定の機会がありそうです。予想は9.6kg。まさか10kgオーバーはしてないと思うけど、どないなもんでしょうなぁ。

2008年3月28日 (金)

[雑談]引越しを検討中

引越しと言っても、お家ではなく日記の方ですが。
livedoor blogで日記を付けてきたのですが、
ちょっと僕のニーズと合ってないところがでてきたので、
サイトの引越しを検討中。

求める条件は、

(1) 無料で
(2) モバイル投稿が容易で
(3) 今までの日記を完全移行できて
(4) MovableType形式のI/Eができて
(5) 記事のカテゴライズが容易で
(6) 過去記事検索がやりやすく
(7) デザインがすっきりしていて
(8) 日記記述の自由度が高くて

こんなところ。

前半はどこも結構OKなのですが、
後半にいくほど条件を完全に満たすところがなくて、
なかなか悩ましい。

いっそ、自分でサーバを立てるか?(笑)ムリムリ

2008年3月23日 (日)

[暮らし]友人の結婚式に参列する

関東に住む大学時代の友人が結婚するというので、
昨日の晩から東京へ。

頑張れば当日朝移動で行けなくもないのですが、
早起きは苦手やし、
どうせなら(何がどうせなら?)寝台特急で、
ということでサンライズで移動しました。

寝台特急といえば、銀河となは・あかつきの廃止が
テレビでもいろいろと取り上げられていて、
廃止直前に一躍有名になったりしましたが、
このサンライズは今も運行されていて、
寝台も個室が中心で車両も新しく、
関西から東京に行くのに結構便利な列車なので時々使ってます。
サンライズ(室内)サンライズ
さて踏切事故があったとかで、列車に乗り込むのが
予定の2時間半遅れ。
さらに東京に着いたときには3時間遅れになってましたが、
そのおかげでキレイな富士山を車窓から見られたし、
それはそれでよかったかなぁと。
富士山(行き)
さてさて、結婚式。
このくらいの年齢になると、今までに結婚式に
結構な回数参列していて、言葉は悪いですが
「行きなれた」感じになったりしているのですが、
この結婚式はなかなかヨカッタです。
何かこう、新郎・新婦の幸せ感がダイレクトに伝わってきて。

キリスト式、神式、人前式を問わず、
結婚式では誓いの言葉とかを耳にします。
妻が夫を、夫が妻をお互いに思いやるという
ごく当たり前の宣言なんですけどね。

うん、僕たちもみんなの前で誓ったけれど、
結婚して5年とか6年とか経つと
日常の忙しさとかにかまけて、お互いの思いやりへの感謝が
空気のようなもんになってしまって、

折に触れて結婚式で耳にすることによって
はっと我に返ったりします。

奥様がいて、僕がいて、そして息子がいて、
友達がいて、
僕たちを育ててくれた両方の両親がいて、

そういったいろんなことがあって
今の暮らしの幸せがあるということへの感謝を、
ついつい忘れてしまうんですよねぇ。僕だけもしれんけど。

だから。。。
たまに行く結婚式というのは
僕自身にとっても、自分自身の幸せを実感できる
いい機会だったりもします。

さて、夕方前ののぞみに飛び乗り、行きと同じく富士山を眺め、
自宅に戻ります。
富士山(帰り)
息子はいつものようにヨダレだらけの手で
父ちゃんの手を握りしめてくれます。

奥様は当たり前にそこにいてくれるけど、
それって、本当に贅沢すぎる当たり前なんやなぁ。

ヨダレまみれの息子を風呂に放り込み、寝かしつけ、
そしてさすがに列車移動が堪えた父ちゃんも、
そろそろ寝ることにしますかね。

2008年3月22日 (土)

[6カ月]ついに檻の中へ

あと2日で6カ月目に突入。
寝返りを自由自在にこなせるようになった息子のために、
ついに檻が用意された(笑)。

このベビーサークル、本来は台所への侵入を阻止するために
ゲート代わりに買ってきたもの。

おもちゃもついているので、
閉じ込められてもそれなりには楽しんでそう。
ベビーサークル

[食事]冷凍10倍粥

新米母が育児雑誌から拾ってきたネタ。

10倍粥は、一生懸命作っても息子が食べるのは
せいぜい1口か2口。あとは親が食べる(粉っぽい)。

ところが、10倍粥であれば、
冷凍しておけば1週間くらいは十分持つそうだ。
やり方は簡単で、あまったお粥を製氷皿に入れ
冷凍室に直行させればよい。
冷凍10倍粥
使うときにはレンジでチン。

これであれば、あまったお粥のムダは省けるし、
毎回1時間近くかけて10倍粥を作る必要がない。

便利便利。

[息子]孫とばあちゃん

ばあちゃん家に襲撃した春分の日、じいちゃんのお墓参りに行ったりしてるうちにあっと言う間に1日が過去ったわけですが。

孫に会うのはやはり嬉しいようで、どっちかと言うと小柄なばあちゃんが抱っこするには少々オーバースペックなくらいまで成長した息子を、朝から晩までずーっと抱っこしてました。やはり(?)今日日筋肉痛を発症したらしい(^-^)

ばあちゃん家(僕の生家)は下町ど真ん中にあり、よく言えば今も人情味ある、悪く言えば少々くどいおばちゃんやおっちゃん達がいて、そういう人達は僕が小さい頃のことも覚えていたりして、僕の顔を見ては「いやー○○ちゃん大きなって」と声をかけられて。
40も近いおっちゃんをつかまえて「○○ちゃん」も「大きくなって」もないかと思うのですが(笑)、まぁそんな町並みを息子を抱っこした(僕の)母と息子の3人で歩いてるのが少しおかしく感じたりしましたねぇ。

地元にずっと住んでいる、うちの息子と同い年の男の子がいる中学からの親友(4人の父親だ)とこにも遊びにいきたいなぁ、近いうちに。それも楽しみにしていることの一つです。

2008年3月21日 (金)

[お出かけ]電車で移動してみて考えたこと

さて、息子は電車を使った
初めての長距離移動の疲れもものともせず、
ばあちゃん家に殴り込みをかけました。
まぁそれはそれとして、電車での移動で考えたことを。

特急に乗っている間はまぁよかったのですが、
家にたどり着くには普通の電車やらバスを乗り継いで
たどり着かねばなりません。

僕は息子と2人きりで電車に乗るのは初めてで、
電車内でのポジション取りとか、
抱っこすべきか? ベビーカーに乗せたままにしとくべきか
そんなことを1人で判断するのも今日が初めてです。

今日は、電車の車椅子コーナーを利用しました
(他に車椅子を利用されている方がいなかったので)。
そこに息子をベビーカーに乗せたまま乗り換え駅まで。

電車内でのベビーカーってのは広げて乗ってもいいのか?
あるいはたたんで抱っこすべきか?

悩む人は悩んでいて、
悩んでいない人はまったく悩んでいなくて、
批判する人はひたすら批判して、って感じで
正解はどうなんでしょうね。

教えて!goo:ベビーカーを持って電車に乗るとき


最近では、路線バスでも
ベビーカーを広げたまま乗せるのを
容認しているところもあるくらいだし、
僕個人の考えとしては、車内が混んでない限りは
広げて乗ってもいいなじゃねぇの? とは思っています。

別にそれは息子が生まれてからの考えではなく、
その前から思っていたところではあるのですが。

ただ、そうは思っていない人がいるのも事実で、
ルールとして明文化されているわけでもないので、
人それぞれのルールブックがその人にとっての
正解になっているわけですよねぇ。

電車が混んでいたらどうするとか、
今回のケースでも、車椅子を利用されている方が
乗車されていた場合は? とか。

ケースバイケースで考えるべきことなんでしょうが、
ケースバイケースで考えるということは、
人それぞれで異なる結論に至るということで、
どっちにしろ紛争の火種となりえるわけです。

今回、僕は混雑が予想される普通電車を避けて、
特別料金(特急料金)をはたいて特急を利用したのですが、
僕自身が楽をしたいというのもあったけど、

息子が車内で泣いたりぐずったりしたときに
冷たい視線を浴びるのがいやだ、っていうのも正直なところ
ありました。乗る距離長いし。

いろんな立場の人がいて、いろんな考え方や捉え方があって、
そんな混沌がいわば社会ってもんなのでしょうけど、
何かいろいろとギスギスしてるなぁと思うことも多いです。

さて今回、息子はぐずりました。
で、デッキに移動してひたすらあやす。
デッキから眺める
客室と隔離されたデッキを持つ特急列車って、
子育て中は特に便利よなぁ、ってのが
やっぱり正直なとこですね。

2008年3月20日 (木)

[お出かけ]ばあちゃん家に

8b903688.JPG男2人でばあちゃん家に大冒険。息子にとっては初JR、僕にとっても初電車の長距離移動でドキドキもん。

普通電車で行けなくはないのですが、ぐずりやらオムツやらいろんなことを考えてあえて特急を奮発!
これは正解やったかな。

(決して父ちゃんの鉄分補給のためではありません(^-^))

2008年3月19日 (水)

[息子]オムツ替えのお手伝い

最近始めたちょっとしたお遊び。
オムツ替えのとき、交換用の新しいのを「これ(オムツ)、ちょっと持っといて」と息子に渡しておきます。すると息子はそれを奪い取ってしばらく遊んでます。

で、お尻拭きも終わり、新しいのをはかせるときに「オムツちょうだい」と言って息子から受け取ります。で、頭を撫でたり握手しながら「ありがとう♪」と。

また今は父ちゃんが奪い取る形になってますが、そのうち息子の方から「ハイ」と渡してくれる日がくるのを楽しみにしています。

2008年3月18日 (火)

[写真]親バカ写真の撮り方

親バカ写真の撮り方

タイトルそのまんまのページですが。

僕も今時のパパさんの例に漏れず(??)、
息子の写真を撮りまくってます。

家にあるのは初心者向けコンパクトのデジカメ。
ほぼオート専門ですが、
まぁこんなのでも700万画素もあるので、
それなりに重宝しています。

ところが、普段からカメラを持ち歩くほどマメでない
新米父ちゃん。使用するのは主にケータイのカメラ。

ケータイとはいえ300万画素以上あるので、
まぁそれなりに撮れはするのですが、
やっぱり仕上がりがのっぺりしてると言うか
キレイな写真、というわけにはなかなかいかないです。

まぁそれでも普段から持ち歩いているという
機動力は最高の武器なわけですが。

さて「親バカ写真の撮り方」というページ。

何も考えずに撮るとどうしても証明写真的なフレーミング
ばっかりとなってしまうので、
撮影の仕方とかアングルとか参考になります。

このページに紹介されているお子さん、
みんな可愛いけど、
やっぱりうちの子が一番かわいいなぁ!
と改めて思ったりしてます。(あっ、今日の日記はこれが言いたかったががめの前フリ、って訳ではありません。決して。。。)

2008年3月17日 (月)

[お出かけ]飛行機見物

この週末、天気もよかったので空港に飛行機見物。

見学用のテラスから駐機場に泊まっている飛行機を見物です。
飛行機を眺める
街中では暖かな日差しを感じた週末でしたが、
空港のようにだだっ広いところではやはり風が冷たく、
薄着で出かけた息子にはちょっと寒そうだったので、
見物用のテラスにはちょっとの時間居ただけで
息子は奥様と共に授乳室に。
結局飛行機の離着陸を見物したのは僕だけでした(苦笑)。

もう少し暖かくなったら、
また飛行機を眺めにここに来よう。

[成長] この1週間の一気の成長

赤ん坊の成長と言うのは、
一次関数のようにy=ax+bな感じで成長するのではなく、
階段のように停滞と急成長を繰り返すと読んだことが
ありますが、この1週間は成長が爆発的に進んだ気がしてます。
この1週間で「できること」が一気に増えました。

寝返り
ここんとこ奥様が猛特訓(?)を仕掛けていましたが、
その成果か寝返りを難なくこなすように。先週までは
アシスト無しでないとぐるんとまわれなかったのが、
今は表→裏、裏→表が自由自在。
こうなると行動範囲が一気に広くなるので、
僕の悪い癖である「すぐにそのへんに物を置きっぱなしにする」
を戒めなくてはいけなくなります。。。

自分から物を掴みにいく
お風呂の友である「アヒル隊長」のおもちゃ、
今までは手元に持っていかないと掴まなかったのが、
今週くらいから自分で手を伸ばして掴むようになりました。
ミルク缶の鳴り物/discovery_in_life/archives/65014742.htmlも、
自分から手を伸ばして掴んでは振っています。

足をつまむ
足を持つ
写真は微妙につまんだところを外してますが、
見事に足をつまむ態勢をとっています。
両足をヒョイと上げて、しっかりと足をつまむ。

離乳食
10倍粥をスプーン2〜3杯ペロリといきます。
スプーンを口に入れたとき、
まだちょっと嫌そうな顔をしますが、
吐き出すことなくゴクリといってくれます。


今週はホントに激動の1週間だったような気がします。
どれも嬉しい成長の証なのですが、
「自分から物を掴みにいく」姿が、僕には一番成長が感じられる
もののように思えます。

さて寝返りを覚え、物を自分から掴むようになったのであれば、
これからは息子の行動から目が離せなくなります。
うーん、それはそれでどうしようか、という感じではありますが。

2008年3月16日 (日)

[健康]BCGその後

1カ月ほど前(2月15日)に打ってもらったBCGの跡がかなり赤くなってきた。

ちょっと膿みかかっているような、気もする。

特に痛そうにもしてないし、機嫌も悪くないのでいまのところは問題なさそうかな。
BCG

見た目はけっこう痛々しい。

[おもちゃ]ミルク缶+ペットボトルのコラボなおもちゃ

ペットボトルの蓋が何個もあると、
おはじきみたいにして遊べるよ、
ととある筋から教わったので、
奥様に「ペットボトルの蓋をとっておいてね」
とお願いしていました。

で、いっぱい集まった蓋は、
空きになったミルク缶に入れておいてくれたのですが、

今日、そのミルク缶を息子の眼の前で振って
ジャラジャラ音をさせると、

今までしまじろうその他のおもちゃを見せたときを
はるかに上回る大興奮で、大喜びしてくれた。
ミルク缶+ペットボトルの蓋
その興奮ぶりたるや、このまま息子はどうにかなって
しまうのではないか? というくらいの勢いで。

缶を持たせたら、
なんかものすごいものを発見したかのような
ギラギラした目で楽しそうに缶を触ってました。

廃品利用で材料費0円のこのおもちゃ、
なかなかいいかも!(明日には飽きてたりして...)

2008年3月15日 (土)

[食事]離乳食を作ってみる。

仕事でバタバタと、まるで嵐のように過ぎ去った1週間。
この間に離乳食を開始していたのですが、
朝に会社に出てからほぼ終電で帰っていたこの1週間なので、
息子が離乳食を食べるところも、
奥様が作るところも見ていません。

ひさびさにちゃんとした休日の本日、
奥様の指導を仰ぎつつ、父ちゃんは初めての離乳食作りに
挑戦してみました。

現在の息子の離乳食は10倍粥。
電子レンジで離乳食のお粥を作る用のカップみたいなのが
売られているので、それを利用します。

まずは、炊き上がったご飯(これは大人用)を
スプーン2杯ほど採取してカップに入れ、
お湯でささっとほぐしてお湯を捨てる。
続いてカップの説明書の指示に従い適量の水を入れます。
お粥用カップ(1)

そのカップを電子レンジに入れて600Wで70秒ほどチン。
その後15分ほど放置。

このあと、600Wで30秒チンと10分放置を2回ほど繰り返し、
最後に裏ごしをかけると、どろどろとしたお粥が出来上がります。

お粥裏ごし中

この裏ごし作業、意外と力が要る。。。
お粥出来上がり

さて、父ちゃん初めて離乳食食べさせる。
ちゃんと食べてくれるか不安なまま、
息子を膝の上に抱っこしスプーンで口に運んでやると、
ニコーッとしながら、上手に飲み込んでくれました。
計2杯を飲み込み、あとはいつものミルク。

なかなかいい感じです。
で、お粥が大量に残っているので、僕も試食してみました。
感想は。。。

あじない。。。(京都弁のニュアンスです)

あしたも休日、あしたも頑張ってみようっと♪

2008年3月13日 (木)

[暮らし]父ちゃんを忘れないでね…

今週は夜は遅くまで、そして朝は早くからお仕事で、ついつい朝寝坊しかかることもあって、朝に1回抱っこすることすらままならん。

時期的には人見知りし始めてもおかしくないこの時期的、次の土日まで父ちゃんの顔を忘れてないことを祈る(イヤ〜、冗談ではなく)。

2008年3月11日 (火)

[息子]離乳食、その後

ここんとこ、家でPCに向かう時間がほとんど無くて、日記はもっぱらケータイからの更新になってきた。だいぶ慣れたが、やっぱりケータイで入力するのは難しい。電車の中で、高校生とかがものすごい勢いでキーを入れてるのを見ると、異世界の住人に思える。

さて、離乳食その後。息子の機嫌そのものは普段通りだが、お腹がキュルキュルする音がしてて、夜中に何度かぐずって起きたようだ(出張の移動疲れでバタンキュー=死語=だった僕はほとんど気付かず。ゴメン)。
わずかスプーン1杯の重湯でも、息子にとっては大きなワンステップなんやなぁ、と実感。

2008年3月10日 (月)

[息子]離乳食、成功!

出張中の昼下がり、新米母から「嫌な顔をして時間がかかったものの、一口きれいにゴックンした」とのメールが飛び込む。ウヒョ。
たしか、お粥の上澄みみたいのをあげてたはず。

帰ってから、詳しく話しを聞こうっと♪。

[仕事]ふたたび出張へ

4a6a320e.JPG5時過ぎに起き出す予定がー4時30分に眼が覚めたもんやから、そこからは寝過ごすのが怖くてもう寝られへんようになった。

新幹線で移動開始。車内でもノートパソコンで仕事してるビジネスマンが多い。すごいなぁ。

僕はしばし睡眠をむさぼることに。オヤスミなさい。

2008年3月 8日 (土)

[育児]神さまへのインタビュー

神さまへのインタビュー

あるきっかけでこのページを知りました。このページ、Flashのコンテンツが終了したあとにジャンプするサイトから考えて、ここでいう「神さま」とはイエス・キリストのことかと思います。正月は神社に初詣し、お盆にはお寺でご先祖様に手を合わせ、12月24日にはクリスマスのお祝いをしている僕なので、キリスト教に対する思いがあるわけではないですが、このページで記されていることばは、信じる宗教の違い、あるいはそもそも宗教を信じる信じないという人それぞれの考えの違いを抜きにして考えても、ちょっと一歩踏みとどまっていろいろ考えてみようという気になるものだなと思いました。

印象に残っていることば

人間のどんなところのいちばん驚いてるか?と問われた神さまの答えとして、「将来のことを心配するあまり現在のことを忘れてしまい 今日のためにも明日のためにもちゃんと生きていないこと」。そして親として子供たちに知って欲しい人生の教訓という問いに対する答えの1つとして「裕福な者とは多くのものを持っている人ではなく わずかなものしか必要としない人のこと

生まれて5カ月ちょいの息子は、将来のことなんか考えず今日明日を楽しんで生きているなぁと思える。だから息子(に限らず子供)から多くのものを感じることができるのかなぁと。息子を育てているのは、僕たちをはじめとした大人たちだけど、本当は僕たちが息子に育てられてるんやないかな? と思えるときも多いです。

あと...何でもかんでも欲しがる僕は、うーん裕福じゃないのかな(苦笑)。休日出張や何やらで今日もブーブー不平不満を撒き散らしながら仕事してたけど、今自分の手元にある幸せと比べれば、それは十分受け入れられる話しなんかなぁと。

まぁ文句を言いながら、愚痴を言いながら、息子を育て、息子に育てられしていけばいいのかなと、思ったりしてます。父ちゃんもただいま成長中なのだ。

さて、ぼちぼち寝よう。明日は早いぞ!

[暮らし]休日出張は辛い

43041c8e.JPG用務先を夕方に出発し、電車を乗りつないで自宅に向かう。普段なら息子はその日最後のミルクを嗜んで、そろそろ布団に向かおうかという時間だが、今日は息子にもちょいと頑張ってもらって父ちゃんと風呂に付き合ってもらおう。

休日出勤もアレだが、出張となるとほんまに丸一日ドブに捨てるようなもんやなぁと思う。息子と遊ぶのもやけど、家のことも自分のことも何もできひん。

平日は朝バイバイと夜の寝顔拝見のみだけに、休日ってのは僕にとって相当に大切なわけだ。あー悲し。

とにかく気を取り直して、明日は家族3人で過ごそう。

[単独行動]単線をトコトコと

84ff0699.JPG最後部の車両から線路を眺める。のどかやなぁ。

目的地まだ遠し。

[単独行動]なつかしー

55e6653a.JPGボックス席の電車に乗った。ちょっと前まではこんな電車ばかりやったけどなぁ。久しぶりや。

[仕事]出張の旅、ふたたび

dca5e657.JPGなんとか早起きに成功し、再び出張の旅路へ。

いい天気やし、(出張でない)お出かけしたかったとこやなぁ。

乗り換え駅直前でいまく眼が覚めた!

2008年3月 7日 (金)

[仕事]どっちかにならんもんか

ようやく金曜日。
あと1日頑張ったら週末や、気合いが入る。

普段ならこんな感じだが、明日も出張ということになってしまった。トホホ…
しかも朝一から。

平日は忙しいが休日は確実に休めるか、休日は出なあかんけど平日もホドホドかどっちかやないと辛いもんがあるな。あー、もうッ(`曲´#)

せめた今日は少し早く帰りたいなぁ。

2008年3月 3日 (月)

[お風呂]危ない

出張の日のお楽しみの一つが普段より早く家に帰れるってこと。
今日も例外にあらずで、いわゆる定時+αくらいの時間で帰ることができたので、
平日にも関わらず息子を風呂に入れることに♪

さて風呂に入って最初に、いつも沐浴ガーゼを使って目の周りの目やにとかを取るのですが、どうも息子はこれが苦手のようです。今まではお湯で湿らせた沐浴ガーゼを目の周りに当ててからイヤイヤをしていたのですが、ここ数日は父ちゃんの指に巻きつけた沐浴ガーゼを見るだけで、そっくり返って何とかその場から逃げようと。

(1) 父ちゃんが指に沐浴ガーゼを巻きつけてる。
(2) これで目の周りを拭われる
(3) 僕のイヤなことをされる!!

というシナリオがもう描けているようです。いやーお利口さんになったねぇ、と喜んでいるのはいいのですが、要するにお風呂に入れるときの苦労事項が1つ増えたわけで、それはそれで困ったもんだ。

で、なだめすかして顔を拭いたりしてたら、のけぞる力が強すぎて父ちゃんの腕からツルンといってしまい、そのまま右方向に半回転して顔がほぼ水没状態。

さすがにお風呂好きの息子も動転したようで、顔を真っ赤にして泣く泣く泣く(そりゃそうだ)。「ごめんごめん」と謝ろうが何しようがもう聞く耳もたずでした。

こういうときは口で何かを伝えるよりはギュッと抱きしめるに限ります。抱きしめて10秒ほどで落ち着きを取り戻し、その後は何事も無かったようにお風呂に浸かってくれたので、これがきっかけでお風呂が嫌いになると言う最悪の事態だけは避けられました。

今回は結果的に事なきを得たけど、息子の力は日々増大中であり、お風呂とか色んなシーンで今までにないような危険と背中合わせになってきます。楽しいお風呂と言えども、命すら落としてしまう可能性があるわけですから。。。

無事でよかったけど、本当に反省した1日でした。これからは父ちゃんの胴体を息子の両足で挟むような形にさせて、しっかりと安定状態を形作るようにしなければ。

[単独行動]景色を眺めながら

52230e98.JPG仕事は終わり(厳密には終わってないのだが)、帰路につく。帰りは経路をちょいと変えて、景色を眺めながら。

仕事の行き帰りとは言え、ちょっとした旅みたいで悪くないひと時。

[単独行動]出張の旅

8a1101eb.JPG夜明け前に家を出て新幹線で。今年の年度末はいつになく出張が少なくて、今日のは久しぶりだったりする。
いつにない早起きで景色を楽しむ余力はなく、さっそくオヤスミなさい。

夢うつつの間に下車駅到着。

2008年3月 2日 (日)

[暮らし]お留守番、続き〜寝返りは斯様に難しい

ただいま夕方。奥様は、あと2〜3時間くらいで帰ってきそうです。お留守番は特に問題なく終わりそう。

昨日は仕事疲れ、今日は息子とともに基本はお留守番で過ごしたので、個の週末はいつになく家の中にずーっといた。これで明日から頑張って仕事に打ち込める、ってもんだ(←ウソつけ)

お留守番っていっても、必要に応じてミルクをあげて、おむつを替えて、たまに散歩に連れて行って。一見それだけに思えるこれらのことですが、その合間に自分もご飯を食べ、洗濯をし、哺乳瓶を洗い、テレビも見てパソコンもやってとなると、これがなかなか大変です。息子は適当に昼寝してますが、僕は昼寝の機会無しで1日が終わろうとしてます。とほほ。

僕の場合、これが週末の1〜2日だけの話しなのですが、奥様は基本的にウイークデイはこんな感じで、しかも僕のご飯を用意したりもしないといけないので、正直「毎日、こんだけよーやれてるなぁ」って感じです。僕が会社でのん気に働いている間、これだけのことをこなしてくれてるのは、いつものことながら本当に感謝です。。

さて昼下がりのひと時、息子を座布団の上に転がしていたらなにやら寝返りを試みて、体を左方向に一生懸命回転させます。が、体の軸で回転するのではなく、頭を中心に水平方向に左回りしてしまいます。最初は座布団の正しく真ん中寝ていて、ちょうどこの時寝ていたときのような位置になったのが、気付いたらこんな感じに。。。
寝返り。。。ならず
これだけブン回れるわけだから、手足とかの力はもう十分なんでしょうけど、なんて言うかこう、あとは要領の問題なんでしょうねぇ。こんな要領イマイチなところまで父ちゃんに似なくてもいいのに。。。(笑)

夕方は、息子をベビーカーに放り込んで近所の公園にお散歩へ。今日は気温も少し上がり(平年並みらしいです)、風は少し冷たいけどちょっと春を感じる日差しでした。なんやかんやともう3月、4月も目前。暖かくなったら、公園やらいろんなところにお出かけしたいなぁと、今から楽しみです。
散歩
ただ、僕個人のことで言えば、春はちょっと憂鬱ですねぇ。
花粉症がねぇ。。。もうぼちぼち飛んでいるようで、いかにも花粉症なくしゃみが時々出ます。そのたびにびっくりした息子の両手は宙を舞っています(冷汗)。

[暮らし]お留守番

奥様は仕事の関係で朝から丸一日お出かけ。
ということで、今日は父ちゃんと息子が2人でお留守番。

父ちゃん、いままでで最長のお留守番時間。
ちゃんとできるかな。。。?

腹ばい練習も日々継続中。しまじろうめがけて進もうとするが、どうもお腹を支点にして、やじろべいみたいに自動車のピッチングみたいな動きをしてるのみで前には進まず

進め、進め

お昼ね中を利用して日記を更新してたら、お目覚めのようで泣き出した。と言うことで、息子が寝ているリビングへ

お昼寝中

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »