2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の15件の記事

2008年8月29日 (金)

[11ヵ月]忘れないうちにメモ書き

ここ1週間で、2歩くらい歩けるようになった。
昨日は、手にしたものを「ハイっ」って感じで手渡してくれた。
何かをしきりに喋りかけようとしている。けっこう必死に。けど、「あーうーおー」なので、何言っているかは理解できない。ごめんよ。

2008年8月16日 (土)

[暮らし]五山の送り火

中学時代からの友人から携帯メールが到着。

画像悪いけど舟

一瞬何のことか分からなかったが、写真を見て納得。
20080816_2018_000
今日は8月16日、京都は五山の送り火、ご精霊さん(ごしょらいさん)が再び天に戻っていかれる日ですね。送り火の便りを聞くと、あー今年の夏も終わりだなぁと思うのですが、現実には暑さはまだまだ続きそうです。

ちなみに。。。「だいもんじやき」と言われると無性に腹立たしく思うなぁ。京都の人はそういう人が多いけど、これは何でやろ。

[10ヶ月]崖の上のポ~ニョポニョポニョ

息子、気に入ってます。
「ポーニョポニョポニョ」が流れてきたらロックオンしてしまいます。テレビ画面に大橋のぞみちゃんが出てきたりした日にゃ、ニヘラーっと笑顔を浮かべて、テレビから視線を外そうとしません。

よーつべのこのコンテンツはかなりお気に入りのようで、パソコンでこれを再生するとリビングの端からでもすんごい勢いでハイハイでパソコンのとこまで飛んできます。

あぁー、父ちゃんの頭の中にも「ポーニョポニョポニョ」のメロディがエンドレスで流れてる。。。

実は藤岡藤巻が気に入ってるんだったりして。。。(笑)それはそれで渋いなぁ。

[仕事]仕事仲間と遊びにでかける

社員会が主催するレクレーション行事とか旅行とか、あるいは部署の宴会とか、僕はあんまりというか全然好きではなくて、退職される方の送別会だけは例外だがそれ以外は最後に参加したのがいつなのか思い出せない。

休日とか平日定時後の過ごし方なんて会社に面倒見てもらう気はさらさらなくて、遊び方ぐらい自分で考えるよ、っていう思いがあるのと、別に宴会なんぞしなくても仕事上のコミュニケーションはちゃんととれるよという思いがあるのと(これについては、自分でも時々自信がなくなることがあるが)、行事では無礼講だ何だといっても結局は職制に従ったいろんなものの分け方とかスケジュールとかに縛られて、楽しいよりも変な疲れしか残らないというのに辟易したりするとか。

まぁ屁理屈いろいろ書いてますが、要するにその手のが好きじゃない、ってのがあるんですけどね。

じゃぁレクレーションとかに全く行ったことがないかというとそういうこともなくて、最近こそ全然行かなくなったけど社員会主催ではないBBQとか釣りとかにはよく行ったことがあった。

もうずいぶん前に会社を辞めたSさんには、仕事でも仕事外でも随分とお世話になった。仕事では、それこそプログラマをやってもSEをやってもたぶんどこに出てもやっていける実力がある人で、実際今は別のところでバリバリとやっているようだ。Sさんがすごかったのは、お遊びモードに入ると、会社の上下関係とかそういうのが一切オフになって「単に遊んでますぜ」というモードに移行してしまうところだったなぁ。

そういう遊びに対する姿勢(?)とか、子供を育てるということに対する考え方とか、もちろん仕事に対する考え方とか、Sさんからはいろいろと影響を受けたなぁと思う。転職されてからすっかり疎遠になってるが、ぜひもう一度遊びに行きたいなぁと思う。

ところで、うちの上司と、後輩と、パートナー会社のメンバーがそれぞれの家族とともにキャンプに行ったそうで、その写真を見せてもらった。なんかこう会社関係の人の写真で、久しぶりに「単に遊んでますぜ」って写真を見たような気がするなぁ。あっ、いいなぁと思ったのは久しぶりだった。

2008年8月11日 (月)

[暮らし]暑いっすなぁ

世の中の会社は盆休みに入ったとこも多いようで、朝の電車は結構空いていた。
とりあえずあと2日。とりあえずは今日1日がんばろうっと。

[育児]戦争

毎年この時期になると、原爆とか戦争に関するニュースが報道される。戦争も知らないし、広島市民球場に行く"ついで"に原爆資料館に寄った程度の僕には戦争も原爆も正直なところピンこない。

我が息子ただいま10ヶ月。赤ちゃんをたった10ヶ月の間育てるだけで、それはもう大変なことだったし、これからはもっと大変だろうと思う。それはどの赤ちゃんもそうだろうし、僕も他の大人もそうやって育ってきたはずだ。

グルジアとロシアが戦争に入ったと報道されている。戦争の状況もニュースで伝えられる程度のことしか知らない。けど既に1,000人をはるかに超える人が亡くなったとのことだ。みんな「大切に育てられた命」だが、戦争はそんなことにはおかまいなしだ。

「この子を残して」(永井隆著)は修学旅行で長崎に行ったことをきっかけに買った。
昔アニメ版で見たことのある「火垂るの墓」が実写版として映画公開されているとも聞いた。戦争は親も亡くせば子も亡くす。「火垂るの墓」はアニメ版は観たことがある。もう怖くて観られない。

Photo

ちょっと前までは「なぜ戦争に反対するべきか」と問われても満足に答えられなかったと思うけど、今は「息子を戦場に送りたくない、人殺しをさせたくない、親(僕たち)を失わせたくない」からだと思っている。

ニュースで永井博士のお子さんが最近亡くなられたと知ったので、久しぶりに「この子を残して」を読んだ。高校生のときに読んだのとは、あきらかに違う思いを感じた。

2008年8月10日 (日)

[10ヶ月]水浴び敢行

ホームセンターで買ったビニールプールをベランダに出して、息子初めての水浴び。
いやー喜んだ喜んだ。キャッキャと水をバチャバチャ。ほんの15分程だったが、よっぽどはしゃいだのかそのあとは30分以上熟睡しました。

息子も僕も(笑)

[読書]エコはエゴか、一人っ子は可哀想か

前から一度行ってみたかったクラッセにお出かけした。さすがにオープンして半年ほどだけらお店はきれいだ。
到着後、さっそく本屋さんに直行。梅田の紀伊国屋とか、三宮のジュンク堂とは比べ物にならないけど、十分大きいお店で、このくらいの大きさの本屋なら半日は過ごせるぞ(迷惑な客)。

持ち時間があんまりなかったので、正味30分程しか居られなかったのだが、気になる本を2冊ほど発見。買わなかったけどさらさらと立ち読み。

「一人っ子長男」の父母の本
息子が長男であることは既に確定、一人っ子かどうかはまだ分からないけど。
一人っ子長男である僕の人生は、一人っ子であることの偏見への戦いでもあった(笑)。まぁそれは大げさすぎるが、少なくとも日本では一人っ子は格下の存在だと思う。「一人っ子でかわいそう」とは言われても「兄弟が多くてかわいそう」という話はあんまり聞かない。無条件で一人っ子=わがままとみなされる。「一人っ子でかわいそうねぇ」とか「兄弟欲しいでしょ」と言ってくる大人たちを。「みんな分かってへんねぇ、まぁ一人っ子なんてマイノリティみたいなもんだからそう思われるのかなぁ」などと子供ながらに冷めた目で見てたりしましたけどね。
この本に書いてあったことで「そうそう」と思ったのが、一人っ子は「自分が一人っ子でかわいそう」なんて思ってないってことで、何しろ兄弟姉妹がいる生活をしていないわけだから、兄弟姉妹がいたらどうなんかなんてのは分らないんよねぇ。これはずーっと思ってた。兄弟が欲しいと思ったことは何度もあるけど、兄弟が居なくて不幸と思ったことはない。この辺は兄弟姉妹がいる人にはどう説明しても分かってもらえないところだと思う。
要は一人っ子であってもそうでなくても、どちらにもメリットとデメリットがあって、今の日本では確かに一人っ子であることの方にデメリットが多いのは事実だけど、まぁそれはステレオタイプな見方が幅を利かせていることに起因しているだけのことで、本質的にはそれ自体が問題でも不幸でもないってことかな。

偽善エコロジー
生協ではレジ袋をくれなくなったし、スーパーもなるべくレジ袋削減をしようとしてる。MY箸とかリサイクルとかもてはやされている。どれも悪いことではないと思うし、地球温暖化が進んでいるかは定かではなくとも、北海道の内陸の冬の最低気温が昔ほど下がらなくなったり、北陸で昔ほど雪が降らなくなっているのも事実だ。
数十年後、息子が社会人として活躍しているであろう頃、地球の環境がどうなっているんだろうか? ということに不安はある。だから何かをしなければならないなぁとは思う。
けど、スーパーのレジ袋を節約したら環境が守れるのか? MY箸を使った後に洗う水と洗剤の方が逆に環境に負荷をかけることはないのか? 実際のとこどっちが正しいのかは調べたわけじゃないが、そういった疑問を持って解決してからで実践しないと、単にブームに流されてやっているだけのことになるのではないか、もっと言うと「環境を守った気になってるだけ」なんじゃないか、という疑問は前から感じてた。
この本に書いていることもたいがい極端で、本当に信じていいのかどうかは微妙なところもあるけど、マスコミも政府もまったくあてにならないこのご時世だけに、いろいろと疑って考えていかないとブームに流されるだけで、結局環境ビジネスに貢献するだけになってしまうかもしれない。
プリウスに乗り換えてエコな気分になるのもいいけど、それよりも公共交通機関とか自転車を使った方が環境に優しいはずだ。N700系は確かに消費電力は少なくなっているけど、電車の本数を減らす方が環境には優しいはずだ。かといってプリウスもN700系も悪いわけではなくて、要は「環境に優しい気分の演出」だけで満足していてはいけないのかなぁと。

と言いながら、レジ袋はなるべくもらわんようにしてますが。

駐車場から眺めた大阪方面の空。

Nyuudougumo_2

入道雲は多くあれど、すこしだけ季節が進んだようにも感じる空でした。


[社会]北京オリンピックは始まったけど、注目されるのは場外乱闘

いつの間にか北京オリンピックが始まっていた。もともとオリンピックとかあんまり見ない方だが、それでも前回のアテネとかはテレビでオリンピックを見かけたらそのまま見ていたし、日本の選手が出ていたら「ガンバレ」ぐらいには思っていた。

北京オリンピック、今回ほど見たいと思わないオリンピックは初めてだ(見たくないわけではなく、見たいと思わないだけのことなのだが)。星野ジャパンがどうとか、谷選手は「ママでも金」を達成するか、とか、その程度の情報は入ってくるけど。

記憶に間違いがなければ、ちょっと前まではオリンピック休戦というのがあって、戦争中であっても「オリンピック期間中は休戦しましょう」というのが決議されたり、つまりは平和の祭典のはず。けど今回のオリンピックは、場外乱闘の話題ばっかりばっかり流れてくるような気がする。テロ防止が話題にならない日はないし、何より開会式の日に戦争を始めてしまった国まである。

その他にも外国人観光客が被害にあったり、国旗持ち込みを自粛するように要請があったり。。。本当にこのオリンピックは必要なのか?

日本人選手には頑張って欲しいし、メダルの数も多少は気になるけど、結局今日もオリンピックを見なかった。

[暮らし]回転寿司にもインフレの波か

久々に回転寿司を食べに出た。ただし息子は見学のみ。
しゃりが妙に小さくなってる。なんか形がアンバランスで変だ。

Image3211

このへんにも色んな原料高騰の影響が出てるんやろうな。

2008年8月 7日 (木)

[10ヶ月]個性が目立ってかた、かな

この前の日曜日、じいちゃん家に1ヶ月先に生まれた従兄弟と我が息子が集結。従兄弟ただいま11ヶ月、息子は10ヶ月。このくらいになるとお互いの個性の差がかなりはっきりしてきたような気がした。

どちらかと言うと従兄弟がオットリ型、息子はせわしい型かな。2人とも元気いっぱいなんで何よりだ。

普段息子しか見てないからなかなか気付きにくいんだろうけど、こうやって一緒に居ると個性の違いってのが分かるよなぁ。

お互いにちょっかい出し合ったりして、以前と違って相手の存在が分かってきてるみたいにも思えた。

[10ヶ月]靴を買った

先週の金曜日、息子用の靴を買った。12.5cm。
まだ伝い歩きもまともにできているわけではないが、おんもで1歩でも2歩でも前進してくれたらいいなぁ、と。

日曜日にじいちゃん家で靴を履いているのを初披露。

しかしまぁ、ほんの数か月前まではちょっと寝返りどころか移動するのにも親の力が必要で、1人では何もできなかった赤ちゃんが、今や靴を履こうかというところまでやってきた。だんだん1人で色んなことができるようになって、直接的に僕が助けないといけないこともだんだん減ってきて。。。

成長は嬉しいけど、なんとなくさみしい気もする。

いつも書いていることですけどね。

2008年8月 6日 (水)

[10ヶ月]トモのはりがプリプリと

1〜2週間ほど前からお風呂に入れるときに思ってたのが「お尻に肉が付いてきたなぁ」。よく歩くようになってきたからかな。

「トモの張りがいいですねぇ、とても良く見えますよ」(byO川K次郎)ってかんじ。

2008年8月 3日 (日)

[10ヶ月]身の回りの危険について

ハイハイが高速化し、つかまらずに立っちができるようになると、行動範囲はそれまでと比べ物にならないくらい広がっていて、それに伴って危険な目に直面することが多くなってきた。

今日の夕方前、奥様は出かけており息子と僕の2人で留守番中。息子はブブッと大量のうんちをしたので、オムツからちょっと漏れて服を汚してしまった。汚れ物を洗濯し、まずは風呂場の物干し竿にぶら下げようとしたのだが、息子をほうっておくとギャーギャーウルサイので、風呂場の前にベビーチェアを置いてそこに息子を座らせ、僕の作業を見物できるようにしておいた。

で、ほんの10秒ほどの間僕は洗濯物をかけるのに集中していたのだが、フッと息子の方を見ると、写真のようにチェアに据付のテーブルをまたぐような形で座っていて、おそらく後1秒後には落下しようとしていただろう、まさにそんな状態だった(写真の縫ぐるみは息子の代役)。
Photo

すぐに息子のところに飛んで行き抱き抱えたので事なきを得たのだが、発見があと1秒遅れていたらどうなっていたか? それを考えると怖くなってしばらくは何もできなかった。

息子の成長はめざましくそれは嬉しいのだけれど、それに伴って発生する新たな危険に気をつけないと、一歩間違えれば命さえ...ということもありうるのだということを実感した。

あと1秒遅かったら、と思うと本当にぞっとする。

[10ヶ月]歯ぎしりしてる?

今週始めに気がついたこと。
息子、ギコギコと歯ぎしりをしているように思われる。下の歯は2本、上の歯は1本(本人から見て右側の前歯)が生えていて、上の左前歯ももうすぐ生えてきそうなのだが、4本の歯で歯ぎしりとは器用なことやなぁと思う。

上右前歯は、2週間前から生えている。いい感じだ。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »