2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« [日記]今月初めに | トップページ | [お出かけ]夕方の湾岸線はカメラを持って走りたい »

2009年8月15日 (土)

[育児] 終戦の日に思ったこと

今日も街中の「いつもなら渋滞しないような道」が渋滞していたり、「いつもならこんなところで事故は起こらないはずの場所」で事故が起こっていたり。やっぱりお盆なんだなぁと思う街の光景ですねぇ。

昨日京都を往復するときに、「毎年恒例の渋滞」にハマっている反対車線を見たのだけど、あれは渦中にはまるとキツイよなぁ。

今日は終戦の日、数日前から戦争に関する番組をよく見かける。僕は戦争も戦後も経験していないので、戦争に関しては実感と言えるようなものは全く持ち合わせていない。広島で原爆資料館を訪れようが、いろんな戦争報道を見ようがやっぱりそれは「知識」の範囲を出ないのであって、実際に戦争や抑留や戦後の復興を経験された人と同じ土俵にはどうやっても立てないのが実際のところだと思うし、「戦争の悲惨さを十分理解している」などと言うのはとんでもない勘違いか欺瞞だと思う。

よっぽどの好戦家でもない限り「戦争はいいことだ」と思ったりはしていないし、戦争を好む者にしても"戦争の先にある目的"が無条件に満たされるのであれば、あえて戦争はしないかもしれない。

今日も「火垂るの墓」についてのテレビ番組を目にした。親であればあんな思いを子供にさせたくないのは当然で自分だってしたくない。なので、戦争は間違いだという命題が真であることは間違いがないだろうと思う。

しかし、どこかの国が自国に攻撃を仕掛けてきたとき、その結果として自分の子供の命が危険に晒されたときに、自国が戦争という手段を選択することを肯定することが悪と言い切れるかと言うと、それはキレイごとに過ぎるとも思う。他の子供が戦争の犠牲にならないようにするために、自分の子供に銃口を向けられても戦争に反対し続けることが正なのか? それで戦争に反対しないことが悪なのか?

これは戦争反対という見方からは真っ向から矛盾する可能性があるのだけど、矛盾することを否定して議論を止めるであれば、やっぱり本当に戦争を考えたことにはならないと思う。戦争なんてものは、キレイごとだけでクリアカットに議論できるものではないと思う。いろんな意味で。

去年の同じ時期に書いた日記を見返すと、少し僕自身の考え方が変わったなぁと思う。矛盾を否定できない以上、唯一無比の正解というのは無い訳で、戦争の実感を持たない世代なりに、これはこれからも考えてくことなんだろうなと思う。

« [日記]今月初めに | トップページ | [お出かけ]夕方の湾岸線はカメラを持って走りたい »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019032/30974417

この記事へのトラックバック一覧です: [育児] 終戦の日に思ったこと:

« [日記]今月初めに | トップページ | [お出かけ]夕方の湾岸線はカメラを持って走りたい »