2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« [日記]拘りは自分のためのようで実は... | トップページ | [育児] 終戦の日に思ったこと »

2009年8月15日 (土)

[日記]今月初めに

今月初め、叔父さんが天に召されて行った。僕から見たら直接血の繋がる叔父さんではないけど、僕たちが結婚する前から本当によくしてもらっていた叔父さんで、僕の父ちゃん日記にも何度か叔父さんのおうちにお邪魔した話しを書いている。

ここ数年は毎年のように誰かを送ることが続いていて、僕も年齢が上がってきたのだからまぁ仕方ないのかなとは思うけけど。葬儀の式場から送り出すときに「あぁこの人はもう僕たちの前には帰ってこないんだ」と思う時のあの気持ちは、辛いなぁと思いつつも「いつまでも悲しい気持ちだけではだめだ」と思う瞬間でもある。故人さんが残してくれたいろんなことを糧に、自分たちが「きっちりやらないといけないこと」をちゃんとこなしていくことが故人への最善の供養になるんだということを思う瞬間でもある。

叔父さんも長い人生いろいろあったはずだから、今はとにかくちょっと休んで、天国で色んな人と再会できていたらいいのになと思う。けど、もうちょとこっちに居て欲しかった。

気遣いがすごくて、会えばいつも周りの人々を笑わせていた叔父さんだったけど、「仕事一本で私たち家族を支え続けてくれた」という言葉を聞いたときに、普段は僕たちに決して見せない叔父さん「本当の顔」のことを聞くと、「息子の父ちゃん」となった自分に重ね合わせるところもあったりする。僕たちは僕たちで頑張っていくしかない。

« [日記]拘りは自分のためのようで実は... | トップページ | [育児] 終戦の日に思ったこと »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019032/30963425

この記事へのトラックバック一覧です: [日記]今月初めに:

« [日記]拘りは自分のためのようで実は... | トップページ | [育児] 終戦の日に思ったこと »