2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の12件の記事

2010年1月29日 (金)

[育児]パパ友とかお父さん同士の交流とか

僕だけ、あるいはうちの会社だけかも知れないけど仕事関係の人と子供の話しをすることってあんまりないですねぇ。会社に友人と呼べるような人は少ないけど、そのうちの数少ない1人である同期のMとも子供の話しをすることはないなぁ。Mとこにもお子さんが2人いるんだけどうちのモッチとは歳が随分離れてるので子供の話しになってもあんまり話しがかみ合わない。僕から見れば(仕事では同期だけど)子育ての先輩の話しを聞いてる感じになるし、Mから見たら「あーそんなこともあったなぁ懐かしい」的な感じのような気もするし。何となくだけど、相手の子どもの年齢が自分の子どもの年齢(月齢)プラスマイナス20%以内くらいに収まってないと話しがかみ合わないような感じがする。

それ以前に会社仲間なんで、基本的に基本的に仕事を中心とした付き合いになるので話題はやっぱそっち方向になるしね。いい悪いではなくそれはそんなもんでしょう。逆に子供の年齢が近いと、普段そんなに話しをしない会社の人とも一言二言話しをしたりする。

今のところモッチは幼稚園にも保育園にも行ってないので、ママ友とかパパ友みたいなののはいない。ママ友ってのは幼稚園とか小学校の付き合いになるので、お互いの子供の年齢は近いとこに収まってくるので話しが合うところは多そうだ。けど団地の前で朝の幼稚園の送り迎えをしているママ友を見てると、それはそれでしんどいことも多いような気もする。明らかにママ友の集団から距離を置いているお母さんもいる感じだし。こんなところの書き込みを見てると、ママ友ってのもかなりメンドクサいことが多いそうな気がするし。もちろんいいことも多いんだろうけど。

だいぶ話しが脱線したけど、まぁそんな感じで近所とか会社とかでのパパ同士の付き合いってのは少なくとも僕にはほとんどない。積極的にあった方がよいのかもしれないけど、えいやと気合を入れて義務感でやるようなもんでもないし当面は今みたいな感じなんだろう。モッチも来年には幼稚園になるだろうから、そのときになったら何か変わるかもしれないが。

ところでtwitterユーザーも加速度的に増えつつあるみたいで僕もそのうちの1人なんですが。ハッシュタグは面白いというか便利だなぁと思います。#papajp#kosodateとは最近よく追っかけてます。ブログもそうだしtwitterもそうで、他のパパさん(ママさん)の書き込みを見てると「あぁうちだけじゃないのね」「他も同じやなぁ」と思えたりするので、そういう感覚はネットのいいとこだなぁと思う。

2010年1月28日 (木)

[育児]お父さんの育児(書きかけ)

twitterユーザーも加速度的に増えつつあるみたいで僕もそのうちの1人なんですが。ハッシュタグは面白いというか便利だなぁと思います。#papajp#kosodateとは最近よく追っかけてます。

追記:[育児]パパ友とかお父さん同士の交流とかに書きなおし。

。。。いろいろと書きたかったのですが、ここで猛烈な睡魔がやってきてどうにもならなさそうなので今日は寝ることにします。さっきからやたらとミスタイプが多いです。

はぁ、今週は仕事が大変だ(涙)

2010年1月25日 (月)

[育児] 子ども手当とか

小沢問題とか鳩山問題で、民主党もあぁやっぱりねという感じの我が国の国会ですが(これについてはこれ以上書かない)、昨年政権交代したときのマニフェストによれば今年度から子ども手当が始まることになっています。で、その後子ども手当の話しをあんまり聞かなくなったので実際どうなんだろうというところを調べていたらこのページを見つけました。

民主党の子ども手当シミュレーション

財源が無いこの国のことなので当然いろんな条件とセットとなっている。

  • 児童手当をもらっている場合その分は差し引かれる(実質的に児童手当廃止?)
  • 配偶者控除廃止
  • 扶養控除廃止
  • 高校無料

じゃぁ実際どうなるのよというのが試算できます。

ちなみにうちの場合、今の家族構成とかでそのまま行くと家計への収入はほとんど変化なく、しかもしばらく先にはかえって増税になるということに。あんまり先のことを考えてもその頃民主党がどうなっているのか分ったもんじゃないので直近何年かのことだけ考えると、結局国会とか選挙で大騒ぎしたわりには今とあんまり変わらないなぁということになりそう。少なくとも我が家の場合は。

[音楽] ひさしぶりにタワレコ

昨日は土曜の休日出勤なのになぜかほぼ終電まで仕事したりしてたので、今朝はちょっと朝寝坊してその後3人でショッピングセンターへ出発、ひさしぶりにTower Recordに行ったりもしました。特に何を買うつもりなくCDを眺めていたのですが、予想外のものを見つけたりして。
Billy Joel / Live from Long Island
Billyjoel

 

年単位の久しぶりで衝動買い。むかしむかしにテレビでビデオを流していたのを音声だけ録音して、それこそ何本もダビングしたカセットテープがそれぞれヨレヨレになるまで聞いたライブの音源なんですね。復刻版、というよりもVHSかなんかのソース焼き直した半分ブートレッグみたいな作品みたいな感じもしますがね、それでも音質は「最上級のブートレッグ」レベルはあるので十分満足です。作品自体は30年近く前(1982年)のものか。。。

Billyも声が若いねぇ、勢いあるねぇ。当時見たテレビでグランドピアノの上でぴょんぴょん跳ねながら歌っているのが衝撃的で、今でも頭に焼きついてます。思い出深い一品、でもジャケットの写真はどうみても当時のBillyではないんだけど。

2010年1月21日 (木)

[健康] 健康が一番。イタズラに手を焼いているくらいがちょうどいいのだ。

ついった版を開始してからというもの、本編(こっち)への書き込みがほぼ止まっていて、これはいかんそろそろ書きこもうと思っていたのが昨晩(正確には今日の深夜)1時半ころ。作文を始めようとノートPCに向かったちょうどそのタイミングくらいで、それまで寝ていた息子が急に吐き戻してしまい、それから朝の5時くらいまで30分毎に吐き戻しが続いて、本当につらそうだった。

うちの息子に限った話しではないのかもしれないけど、このくらいの子供が急病になるのは休日か夜中のことが多いように思う。そんなとき小児救急電話#8000のお世話になることが多いのだけど、夜中の2時とか3時では#8000もつながらない。これだけ派手に吐き戻しが続くのは初めてのことなので、家にある小児医学書をひっくり返しては対処法を見るのだけど、苦しそうにしている息子を見ると医学書に何が書かれていようと最悪のことを考えてしまい、「もう救急車呼んだ方がいいかも」と何度も思ったりもした(嘔吐くらいで救急車呼ぶ奴が要るから、救急病院がいくらあっても足りないのだ、と冷静になった今なら思うけど)。自分がしんどいのならガマンもできるし、そろそろやばいかという切り分けも自分できるけど、我が子のことになるとなかなか冷静になれないなぁと改めて思う。

いつもお世話になっている小児科は24時間いつでも受診予約ができるので、夜中のうちに朝一の予約をとったのが4時ころ、5時過ぎにはなんとか落ち着きぼくも何時の間にか眠ってしまっていた。朝方もまだ吐き戻しがあったけど小児科に着いたころには息子もなんとなく落ち着いていて、診察の結果は「(元気はないけど)機嫌は悪い訳でもないし、様子見でいいでしょう」ということに。

実は奥様も体調が悪くて、今日は奥様のお母さん(ばあちゃん)に応援をお願いして奥様と内科に行ったり。ほんとばあちゃんのHELPがなかったら、今日は回り切らなかった一日だった。ほんとうに助かった。

息子、吐き戻しは止まったとはいえ体調はイマイチみたいで今日1日おとなしかった。いくら親であっても息子がどんな風にどんだけしんどいかは分からないのが本当に歯がゆいし辛いなぁ。奥様に関してもそれは同じなんだけど、大人はそのへんちゃんと口で表現できるからね、やっぱり随分と違う。

「それは僕にやらせろ」「なんで父ちゃんがやるねん」って感じの息子の魔の2歳児っぷりに手を焼いているけど、いざこんな風に健康を害しておとなしくなってしまうと、そうやって手を焼いてるのって、実は幸せなことなんあだなぁと思うんですよ。親から子を見ても、子から親を見てもそれは同じなんだろうけど。それを、手を焼いてる最中に思えないところが、僕の凡人たる所以なんだけどね。でも、幸せなときには幸せであることは分らんもんだ。

とにかく、早く元気になって欲しいな、2人とも。

で、昨日の夜中僕は日記に何を書こうとしてたんだろう。。。思い出せん。

2010年1月13日 (水)

[日記] 成長日記を残すために

モッチがやって来たことが分かってからつけ始めたこの日記、飽きっぽい僕には似合わずよく続いてるもんだなぁと思ってます。息子(inお腹の中)の成長記録をつけようというとこから始めて、その後息子が産まれて成長し、ただいま2年と3カ月。子育てとか仕事とか子供の成長とか日々の生活とか、その中で知ったこと、学んだこと、考えたことを割と赤裸々に(恥)記録できてきたかなぁと思っとります。

ところがねぇ、平日は仕事に追いかけまわされているし、休日は奥様とモッチとの時間が大切だし、そんなこんなでブログに使える時間ってのがとっても減って来てて、そもそも家でPC触る時間もかなり少なくなってて。けど、モッチの成長は今も急速で、日記に残しておきたいことと言うのは日に日に発生してて、ちんたらしてる僕のブログの更新周期なんか待ってくれない。日記に書こうと思うことは次々に発生するのに、僕の脳内からは次々に揮発していくので、実はもっと書いておきたかったことは今までにいっぱいあるのに、書けてないのって結構多いんですよ。まだモッチが小さなころは、布団に転がしておいて同じ部屋でPCに向かっていればヨカッタんですがね、今はそんなことしようものなら「僕にもPCさわらせろ」とウルサイしね、そうはいかない。

結局、通勤時間を使ってモバイル(Willcom 03)からの記録を残すことになるんですが、QWERTYキーボードがついてるとは言え、やっぱ頭の中に出てくる文章をスマートフォンで記録するってのはやはり無理があるなぁと最近感じてます。スマートフォンで長文っては、少なくとも僕には無理だわ。

日々の記録はtwitterの方に残し、今までのブログは記録ではないいろんなこと(考えたこと、調べたこと)を残すページに役割をシフトしてこうかなっと考えてます。twitterの140文字制限ってのは、なかなか絶妙なとこだと思うんですよ。140文字しか使えないから、書きこむことはポイントを絞ってしか書けない。その代わりオーバーヘッド少なく気軽に書きこんでおけるしね。
ふつうにtwitterだと検索機能が無いのがイマイチと思ってたんですが、twilogを使えばブログ的な使い方もできることを知ったので今日から実質そっちがメインになっていくのかなと。けどメモ書きの羅列みたいな感じになるんでしょうな。

このブログの更新周期は今までより目に見えて少なくなると思いますが、細々とでも続けていきたい。そんな感じです。

日記の"ついった版"はこちら

わりと頻繁に更新してる、はず。。。

父ちゃん成長日記(ついった版)

http://twilog.org/shinmaitouchan

2010年1月 5日 (火)

[健康] 頑固な2歳児ににが~い粉ぐすりを飲ませる方法

何かいい方法はないものでしょうか。

今日小児科に行って、咳止めやらいろいろ貰ったのだけど飲んでくれない。
休日小児科でもらった粉薬は、ゼリーオブラートを使って何とか飲んでくれたのだけど、今回のはそれでもカバーしきれないくらい苦いみたいで、口を真一文字に結んでとにかく飲んでくれない。

結局小児科で貰った薬で使えたのは、貼り薬のホクナリンテープくらい(これなら一瞬の隙を狙って、背中にペタッと貼ればいいしね)。

ちなみに粉ぐすり、僕も試しに飲んでみたけど、大人が飲んでも苦かった。。。そら、2歳児が飲むわけないわ。

2010年1月 4日 (月)

[育児] 正月の風邪

元旦ばあちゃんの家に居る時から(今になって思えば)若干元気がなかったモッチ。その夜風呂に入れて寝かしたのですが、何か目がうつろで、22時ころに37.2℃、日が変わって2時30分ころには38.2℃。夜中に吐いたりししてかなり苦しそう。2日朝には一度熱が下がったように見えたけど、昼くらいから痰が絡み出して苦しそうで、その日の夕方に休日小児科のお世話になった。インフル綿棒検査の結果も陰性で普通の風邪みたいだが、咳がこれだけ湿性で痰が絡むなのはモッチにとおて初めての経験で、痰が絡んで喉まで上がってくるのにパニックになっていた感じ。結局昨日の寝るときには随分と楽になったようで、今日は若干痰と咳は残っているもののほぼいつも通りのモッチとなりました。

まだまだ言葉を上手に操れないモッチは、苦しくてもそれを上手く表現できず泣くなかりで、親のこちらとしても抱っこしてやるくらいで何もしてやれないのが辛かった。そんな風邪でした。

[日記]1年の計は元旦にあり。3日遅れでまだまとまらず

正月は息子の発熱があったりして、元旦にばあちゃん家に行った以外は基本自宅で過ごした。今日は1月4日。仕事始めは一応6日だけど、明日は休日出勤ということで1日早く出ようと思う。正月なんで一年の計でもやろうかと思ったりしたけど、なかなか具体的な目標と言うのは出てこないなぁと思う。

いや、頭の中には何となくあるんだけど、これがうまく日本語にはまとまらない。目標がはっきりしたものになっていないのか、単に表現力の問題なのか、その両方なのか。。。1カ月以内には纏めたいなぁとは思っているのだが。

頭の中にモヤモヤとしている感覚に近い言葉をメモ代わりに2つだけ書いとく。

事実などない、あるのは解釈だけだ。」(ニーチェ)

「...(前略)...自分が見たモノだけが現実ではないと気付く」(児玉清

2010年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。モッチはますますパワーアップ中、今日はばあちゃん家に遊びに行きます。

(モバイルからということもあり手抜きですが、今日はこのへんで。)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »