2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の12件の記事

2010年5月31日 (月)

[成長] フッ素塗布

近所の歯医者さんで本日フッ素塗布実施。保険外になったと聞いてたけど、何故かありがたいことに保険適用されたような金額だった。虫歯ナシ。

奥歯の一部が白くなってたので虫歯かなぁと心配してたけど、虫歯と言うことではなかったらしい。ただ、その部分は若干歯の表面の質が弱いらしく、これからもしっかり磨いてくださいねと。

息子歯医者さんで大暴れしたらしいが、まぁよく頑張った。

(2010/6/4(←おっと虫歯予防デーだ) 追記:)

2010年5月23日 (日)

[成長] 3歳も射程距離に入っていたこの頃の成長記録

ただいま2歳8カ月、主たる存在意義が息子の成長日記であるはずのこの日記で、息子の成長過程を書くことがあんまりなくなってきた気がする。

なので、ってこともないのだけど、最近の傾向だけちょっとまとめとく。

  • 電話でのお話しがだいぶ成立するようになってきた。とりあえず意志疎通は結構問題なくできる。ただ息子は自分の「目の前にあるモノ」についていろんな説明をしてくれるので、電話の向こうにいる僕には、言ってることばは分るけど言いたいことがわからないことがままある。あと、「モシモシ」は何故か絶叫する。
  • 野菜嫌いが顕著。とにかく意地でも食ってくれない。
  • 粉もんは大好き。うどん、お好み焼き、焼きそばなど。納豆には目がない。ヤクルトも大好き。
  • お砂場遊び大好き。
  • 性格は基本的にそれいけどんどんなタイプだと思う。子供どおしでも大人がいるとこでも。人の輪の中に入って行くのが好き。
  • 記憶力はすげーなーと思う。
  • 方向の「右」と「左」は理解している。僕は幼稚園に上がっても理解できてなかったので、これはすげーなーと思う。
  • トイレトレーニングはぼちぼち。便座に座ったらおしっこはできるけど、自分からの申告はあんまりない。まぁこれは長期戦だということは最初から分ってる。あせらないあせらない。
  • 知らんぷりとかFakeが多くなってきた。イタズラのあとニヤリとしやがる。ある意味お利口さんになってきたともいえる。
  • 電車、車など乗り物大好き。まぁこれは前からだけど。
  • 車の運転に興味津津。すぐ運転席にあるモノを触ろうとする。

風邪とか発熱とかお腹下しがあんまりない。幼稚園に行くようになったらいろいろもらってくるようになるんだろうけど、小さなころ年がら年中熱出してた父ちゃんとは全然違うので、これは本当にうれしい。

体重はあんまり増えてない気がする。たぶん14kgちょいくらい。今でもダッコ大好き。いつまでダッコさせてくれるか分らんけど、来てくれる間は「重い!」なんて言わず、ダッコしたいなぁと思ってる(腕と背筋がキツイけど。。。)

2010年5月22日 (土)

[日記] 下町育ち

急きょ思い立ち今日は久々に父ちゃんが散髪。前回がいつだったかはっきり覚えてないけど、多分年末年始かそのあとくらいだ。さすがにE気持ち。

その散髪屋さんは、僕がこっちに引っ越してきてからずっとお世話になってることで、僕の方が何度か引っ越してるので今となっては片道15キロほどの距離を車で飛ばして行っている。近所に散髪屋なんていくらでもあるけど、まぁそんなもんだ。僕が生涯のうちで通った散髪屋さんはこれでようやく5軒だもんね。

下町にあるその散髪屋さん、もちろん髪を切ってもらうのが主目的なのだけど、マスターと与太話しに行ってるようなもんだ。だから他の散髪屋さんには行かないのだ。今日は、たまたま店に来ていたおっちゃんとその孫の小学生とこれまた与太話。下町感のある言い感じだった。

下町の付き合いはあったらあったでくどくて面倒くさいってのは大いにあるのだけど、やっぱそんな感じのとこで育ってきた僕にはしっくりくるなぁ。今住んでるクールな(?)感じのベッドタウン的な街がキライな訳じゃないけど、たまにそんなくどさが恋しくなる。

隣の芝が青く見えるのは分ってるけどさ。

2010年5月13日 (木)

[日記] 有名人を選挙に出し過ぎ、Qちゃんに1票入れよっと

Qちゃん民主要請拒否 スポーツ現場主義

ただ、政治の勉強をした人が国民の代表になるべきですし、以前からお断りしていますから」と出馬を断ったことを明かした。

Qちゃんの言ってること、いたって普通で取り立てて記事になるようなことでもないはずなんだけど。けどそれが記事になるんだから、やっぱこの国の政界はおかしい。
谷亮子は出馬するのは別にいいんだけど、当選したら「議員でも金」なんてこと言ってないで、ちゃんと議員さんの仕事しなよ、国民の代表として税金使ってるんだから。この国の状況で議員さんがやるべき仕事はいくらでもあるはずなのにさ。

2010年5月11日 (火)

[成長] 一人でトイレに座れる

トイレにシールポスターを張ってもらった息子、うまくおしっこできたらシールを貼れるということもあるのか、自分でとことことトイレに行く回数も増えてた。気が向かないときは誘っても拒否られるのだけどね。まぁこの時期まだそんなもんだろう。

この前の土曜日から便座一人座りに取り組んでいて、ばあちゃんに買ってもらったCOMBIの踏み台兼オマルの踏み台の踏み台機能を活用。今のところ、オマルとしては一度も使ってないな。

考えてみれば、自分の身長の半分ほどもある便座に「よっこいしょ」とよじ登っておっちんする息子ってすげーなと思う。

こうやってまた一歩成長するんだねぇ。

2010年5月 8日 (土)

[育児] 子供同士にまかせよう、ちょっと勇気がいるときもあるけどまかせよう

連休中の出来事なんですが、うちの息子が一緒に遊んでいた男の子(1歳ちょい)のオモチャを取り上げたり突き倒そうとしたり。「こらこら、やめんかい」とばかりに割って入ろうとした僕に、その男の子のお母さんは。

「そのままにしておこうよ。」

いや、「放っておこうよ」か「そっとしておこうよ」だったかも知れないけど、要するに「手を出すな」と。

ちょっと目が覚めました。

この場合、うちの息子がちょっかいを出している側なので悪いないぁと思ったけど、ちっちゃな子供同士のちょっとしたイザコザなんて、子供同士で勝手に解決してしまってすぐに忘れてしまうんよね。

そこに親が割って入ったりしたら、「せっかくのトラブル」から学ぶ機会を奪ってしまうことになるんだろうなぁ、と改めて思いました。

それ以降、息子と公園で遊んでいるときによその子とオモチャの取り合いになったりしても、遠くから見て放っておくようにしている。うちの息子が"取り上げられる側"になったときは、相手の親御さんが割って入ろうとするんだけど「子供同士のことだからこのまま見ておきましょう」と言ってそのままにしている。

逆にうちの息子が"取る側"になったの方が忍耐と勇気がいるなぁ。いちおう親御さんに「ごめんなさいね」シグナルを送りつつ。けど、こっちはやっぱ難しい。

けどやっぱ、先回りしちゃいかんのだよね。大きなケガしそうとかそんな時は止めないといけないケースもあるんだろうけど、ケンカで大泣きも含めて息子には経験やもんね。

そのことに気づかせてくれた一言にね、感謝ですよ。

2010年5月 5日 (水)

[日記] さて明日からまた仕事

連休疲れ2日目なのか、家族3人怒涛の昼寝。まさに休日って感じで、これはこれでいいですね。

今日は夕方からいつもの公園に出かけた。今日はお砂場セット持参。同じくらいの子ども(男女各々1)も居て、お互いオモチャを貸し借りしながら砂遊びに興じる。「さぁ帰ろか」と言うと、砂場にうつぶせになってその場を動かず、「あそぶーあそぶー」と断固拒否の姿勢。大暴れして砂を食おうとするし。やれやれ。。。

そのうちの1人(男)は、同じ団地に住む同い年の子だった。小学校でクラスメートになったりするのかな。

息子の寝かしつけもひとまずは今日で最後。明日からいつも通りのお仕事、日常の再開です。1週間たっぷり休ましてもらったけど、奥様にとっては休日の旦那なんて邪魔なんだろうなぁ、正直なとこ(苦笑)。まぁいいや。

[日記] なんとなく閉塞感

息子が生れてからもうすぐ3年。いろんなことが子ども中心になって、それ自体は全然OKなのだけど、何ていうのか"大人のお話し"が無くなったなぁというのと、そう言うのが意外とストレスなもんだなぁということに気づいてきた気がする。別にエッチ方面とか人に聞かせられない内容という意味ではなく、大人同士が普通にお話しする与太話とか、どうでもいい話しとか、多少は小難しい話しも含めて。時々は飲みながらってのもなおよろしい。

正直職場での会話ってのはお話しの範疇には入らないものだと思うのだけど、それを会話の範疇に含めても家庭内と職場以外での会話って、実はほとんど無いのかなぁと思う。職場もIT化が進んで、まともな雑談なんてする必要もなくなっちゃったし。社内チャットなんて、根がアナログな僕にとってはあれは会話のうちに入らんし。

転入組の僕は実際のところ地域との接点もほとんどなくって、旧友と顔を合わす時間もほとんどとれなくて。付き合いがあったらあったで、またしんどいことも多々あるんだろうけど。

息子が生れて最初の1年くらいはそんなことを考える余力すらなかったのかもしれないのだけど、ここんとこそんなことを考えるようにもなったなぁ。正直しんどいなぁと思うこともある。

まぁ何事も受け身ではだめで、自分から動くことが大事なんだろうな。ちょっと人ごとっぽい書き方だけど。閉塞感を感じてるのなら何かを変えればいいんだからね(←後輩にはいつも言ってるけど、自分で実践するのはなかなかむづかしいもんだ)。幸せの範疇でモヤモヤとしているという、贅沢な悩みであることは自分でも分ってるけど。

2010年5月 4日 (火)

[日記]のんびりと休日

午前中は近所の公園でボール遊びとかけっこ、お昼を食べてから昼寝、夕方本屋に出掛けて安ワインをあおって寝る。贅沢な一日。

息子も今日はオフモード。連休始まってからずっとお出かけが続いてたからね。

2010年5月 3日 (月)

[お出かけ] 大きくなったなぁ。。。

電車に乗ってKちゃんYくんが待つ街へ。久しぶりだ。

今日はこれまた久しぶりに阪急電車を選択。昼得とかを活用するとJRとその他民鉄の運賃差なんてほとんどなくなってしまうこともあって最近はJRを利用するお出かけが多い。僕が小さなころ京都から大阪にお出かけするようなときには、阪急や京阪と国鉄(!! 若い人向けに注釈しとくと、今のJRですよw)の料金差が倍くらいあることもあって国鉄に乗せてもらえることはほとんどなかったけど、今では中距離以上のお出かけってほとんどJR利用ですなぁ。何ちゅうても、新快速の速さは尋常じゃないもんね。

さてお家に到着すると、Kちゃんがお出迎えしてくれていました。Yくんもすっかり大きくなって。けど、今となってはこのくらいの時期、息子がどんな感じだったかが全然思い出せん。月齢で言うとうちの息子がこのくらいのとき、自分の日記を読んでようやく思い出した。やっぱり記録はつけとかないかんもんだ。ホント記憶なんてあてにならんもんだ。

途中で奥様は音楽イベントに出かけ一時離脱、自分はそのまま家にお邪魔し続ける。もはや円熟の域に達しつつある魔の2歳児ぶりにKちゃんもうんざり(?)しながらも、息子ともしっかり遊んでくれました。

晩ご飯に手巻きずしをごちそうになり、帰りはJRを利用して帰宅。お昼寝もせずにぶっ続けで遊んでいた息子は、電車に乗ったらすぐに寝るものだと思っていたのだけど、興奮がさめやらなかったのか2~3駅先になってから夢の国へ。汗でびっしょりになって髪の毛が頭にへばりついたままネンネとなりました。

息子が寝ついてからは、プリントショップで写真にしたのにアルバムに入れていなかった写真を整理。去年の11月くらいからサボってるなぁ。

2歳過ぎてからは、こうやって写真を時系列に並べると月ごとに顔つきが変わるとかそういうのはなくなってきた気がするけど、数ヶ月前の写真と今を見比べると随分と雰囲気が違うなぁと思う。随分昔から我が家に居る気がするけどまだ3歳になってへんのやもんなぁ。この先まだまだ楽しみだ。

2010年5月 2日 (日)

[日記] 近所でうろうろ

今日は遠出の予定は入れてなくって。近所の公園の催し、写真の受け取りとパンパースの買い出しにカインズに出向いたのみ。こんな日も必要。

2010年5月 1日 (土)

[お出かけ] 交通科学博物館経由大阪のおばさんところ、1歳下の友達と遊ぶ

神社さんでお札を頂き、その足で大阪のおばさんのところへ遊びに行った。若干時間調整する必要があったこともあり、弁天町の交通科学博物館へ行った。

血は争えないということなのか、息子は間近に感じられる電車に大喜びで、0系新幹線、151系こだまの運転席を満喫、それ以上に103系のドア操作は大いに気に行ったようで、「駆け込み乗車はおやめ下さい」的なシチュエーションを再現しながらドアレバーを何度も触っていた。途中で、ドアレバーの操作がドアエンジンを介してドアに伝えられる機構に気が付いたようで、ドアエンジンとドアの接続部を興味深く何度も見てた。やっぱり男の子ってことなのか、メカニカルなものへの興味は強いみたいだ。

大阪のおばさんところにお邪魔し、おばさんにいっぱい遊んでもらってるうちに昼寝する間もなく従兄弟ん家の1歳半のSくんも到着。

子供同士ってやっぱりすげーよな。一瞬でお友達になって一緒に追っかけこしたり、プラレールやミニカーで仲良く遊んどりました。

結局20時過ぎまで一切お昼寝しなかった息子、帰りの車中では高速のインターに乗る前にもう夢の国に行ってしまって。。。今ももよく寝てますわ。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »