2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の9件の記事

2010年8月28日 (土)

[日記] 夏休みの思い出

最近twitter版の方しか書いてなくてブログがすっかりお留守になってるなぁ。
twitterを読み返し、ブログでも残しておきたいこの夏の思い出をまとめ書き。

[お出かけ] 息子にも見せたい景色のキャンプ2日目

息子の体調が心配だったので前日夜に帰ろうと思ったのだけど、あまりに真っ暗な夜道を帰るのは危険だとみんなに引きとめてもらい、朝5:00起きでちょっと散歩してから帰宅。

Photo_2

朝散歩したときの川の写真。水深2~3メートルはあるとこなんだけど川底が見えている。こんなキレイな川を見たのは久しぶりだ。

もうちょっといろんなことが分るようになったら、息子にも見せてやりたい景色。

(2010/8/28 追記)

2010年8月21日 (土)

[お出かけ] キャンプ1日目、次は息子も連れて行きたい

まだ会社におられた頃にお世話になっていた先輩家近くのロッジで、会社のみんなが集まってキャンプ。普段はみんなPCに向き合って難しい顔してるけど、アウトドアとなれば全然違う。

息子と奥様と3人で遊びに行こうと思ってたのだけど、風邪で息子の体調がイマイチ、僕だけでお邪魔した。

場所はかなりな山奥、よそん家のお子様BBQしたりテントで遊んだり。楽しかった。来年は息子も一緒に連れて行きたい。

(2010/8/28 追記)

2010年8月18日 (水)

[育児] 手作り交差点

今朝(18日)の出勤前に、A4コピー用紙に父ちゃんが1分くらいで即席で作った"手書き交差点"が、息子には結構好評だったみたい。お昼はずっとこれで遊んでたって。嬉しいなぁ。

147678936

(2010/8/28 追記)

2010年8月15日 (日)

[お出かけ] 京都でお盆2日目

今朝も雨、と言うことで2回目の京都こどもみらい館へ。盆休みってこともあってかこの前以上の大盛況!! どの子も元気いっぱいで、他の子の暴れっぷりを見たら、うちの息子も他の子と大差ないなぁ。よその子との比較なんて意味はないんだろうけど、たまにこういう機会があるとみんないっしょやなぁと知ることができる。

木のボールプールは息子のお気に入り。もちろん他の子供もこれが大好き。

Photo

途中で奥様と合流。みらい館でお昼してからばあちゃん家に帰る。その後いい感じで息子は昼寝してくれたので、その間に奥様と僕の父のお墓参り。じいちゃん、息子の暴れっぷりを空から眺めて目を細めてることでしょうな、きっと。

(2010/8/28 追記)

2010年8月14日 (土)

[出かけ] 京都でお盆1日目

さすがにお盆、特急はものすごく混んでいたがどうにか自由席に空きを見つけて息子と着席でき、京都駅到着。
曇り空で猛暑も一息ついてたけど蒸し暑かった。

今日はばあちゃん家でお泊り。最初僕と息子で大きなお風呂(銭湯)へ。息子、大きなお風呂も2回目でもう息子も慣れたもの。でお家に帰ってから入れ替わりでばあちゃんがお風呂に行こうとしたら、「僕も(銭湯の前まで)行く!!」と聞かない。どうにかなだめて寝かしつけたのだけど、寝入って1時間ほどしてから根気強く聴取したら、「ばあちゃんを銭湯まで見送りたかった」らしい。確かに僕が「もうネンネの時間やからアカン」と行かさへんかったけど。よっぽど悔しかったんやな。

(2010/8/28 追記)

2010年8月12日 (木)

[育児] 3歳児の叱り方とか。

"子供を叱る若い母親に言いたい、「お母さん、それは無理です」"というページから。

周囲をはばからぬ剣幕で怒鳴り散らす女性もいるが、私が気になっているのは懇々と言い聞かせるタイプの母親である。
あまり注視していては煙たがられそうで、歩く速度を落としながら聞き耳を立てているのだが、やがて母親たちの叱り方が似ていることに気づいた。
2~3歳の年端のいかない子供に向かって、「どうして約束を守れないの」と圧し殺した声でしつこいくらいに問いかける。子供はすでにべそをかいているが、母親は許そうとしない。
「だって、おかあさんとちゃんと約束したでしょ」
念を押されて、子供が体を震わせながら首を上下に動かすと、母親はそれみたことかと畳みかける。

この叱り方、自分もついついやっちゃうことがあるし、やっているお母さんを見かけることもいっぱいある。でも自分でやってしまったら、何か変な自己嫌悪を感じてしまう。

また子供は気が散りやすく、体力もない。そのため精神力の持続など望むべくもなく、つまりは子供と約束を交わしてもお互いのストレスを蓄めることにしかならない。
だから外出先で子供に落ち着いていてもらいたいなら、家にいる間にたっぷり相手をして、子供を満足させておく以外に方法はないわけだけれど、生まれたばかりの赤ちゃんがいてはそれもできなくて・・・というのが母親たちが置かれた状況であることはよく分かる。
でも、その時に“約束”という大人にとって都合のいいものによって子供を縛るのは、それこそルール違反ではないだろうか。
私が目撃した限りでは、母親たちは“約束”という言葉を最大の武器にして子供を威圧していた。

しょせん約束なんて契約の簡易版みたいなもので、ある意味「大人の都合」としてあるもの。2~3歳児に「約束」を求めるのは所詮ムリやし、それを論拠に畳みかけるのなんていかんよなぁ。
ましてや、親と2~3歳児の間の「約束」なんて、子供の側からは選択・拒否の余地のない、大人の都合で一方的に決めた不平等条約みたいなものであることが多そうだし、だとすればそんなの「おかあさんとちゃんと約束したでしょ」と言えるような公平な取り決めとは言えるようなもんじゃない。

叱るときには「やってはいけない直接的な理由」だけを伝え、約束がどうのこうのなんてことばは持ち出さない。少なくとも幼稚園に入るくらいまではそんな感じで行こう。

[成長] 幼稚園マップを作ってみた

ついこの間産まれたと思ってたら、もう2カ月もせんうちに幼稚園の申し込みの時期になる。月日の流れるのは早い。そらおっちゃんも歳とるわ。

奥様はだいぶ前からいろいろ調べてたけど、僕はこの件に関してはからっきしだったので、ひとまず自分の頭の整理をするために幼稚園マップを作ってみることにした。

幼稚園マップ、と言っても簡単なもので、自宅が真ん中に来るようにA4の紙にGoogleマップを印刷し、候補として考えている幼稚園の場所を手書きでプロットしていっただけ。あとは車を運転しない奥様が、息子の急な発熱で呼び出されたことを想定して、タクシーの予想料金を書き込んでみたりとか。

けど、これで大まかな距離感とかが把握できて、実は「ちょっと遠いかな」と思ってた園が、思っていた以上に遠かったことに気づいたり。

もちろん教育方針とか費用とかいろんなことが検討要素になるんやけど、「幼稚園って入園する前に思ってる以上に親の呼び出しがあるよ」という口コミ情報ももらったりしてるから、「親の駆け付けやすさ」というのは重要な要素になると思う(子供自身はどうせ幼稚園バスが迎えに来てくれるのであんまり気にしなくてもよい)。

何やかんやで自宅に一番近い幼稚園が本命になるのかなぁ。教育方針も「お勉強お勉強」してないとこなので、僕的にはオッケーやしね。

素朴な疑問やけど、2年保育と3年保育を選択するときの決め手というか要素って何なんやろうなぁ。メリットデメリットがあんまりよく分らん。父ちゃんはそんなことも知らん。。。(恥)

2010年8月 4日 (水)

[日記]もうガラケー一本で行くか、それとも。。。

ウィルコムのPHS事業縮小へ ソフトバンクが協力

しかし、その後、PHSの解約が予想以上に進み、2月に417万人だった契約者数は6月末には388万人に減った。7月下旬に予定していた裁判所への再建計画提出も、「環境が変わった」として10月に延期していた。

4カ月で29万人減、1カ月に7万人以上の減ってありえへんよなぁ。
HYBRID ZERO-3(またはその後継機種)の復活って、もう夢の彼方なんやろうな。。。

さて、12月になったらどうするか。

続きを読む "[日記]もうガラケー一本で行くか、それとも。。。" »

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »