2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の4件の記事

2011年2月25日 (金)

[日記] 寝落ち→すっきり寝起きの朝

夜明け前に家を出た昨日、電車の便がないところなので一日中バスに揺られて、それでも家にたどり着いたのはいつもよりも早くて、帰ったときには息子は起きていた。
晩ご飯を食べながら息子のお絵かきを眺める。男の子の特徴なのか、あるいは父ちゃんの血統なのかはよくわからないけど、電車の絵が多い。テレビでやってた"くもじい"(空から日本を見てみよう)を見た後、寝かしつけしながら寝落ちし目が覚めたら6時。二度寝するかどうか悩ましい時間なのと、昨日は風呂も入らずに寝てしまっていたので朝シャワだけして、久しぶりに自宅PCに向って日記を書いてみる。同じ布団にくるまって寝ている息子と奥様の姿を見るのは嬉しいもんだよ。

昨日出張帰りの路線バスの中で、小学生中学年くらいの男の子が2人。

A高校に行くならcじゃだめ、aかb行っとかんとなぁ。
B高校、C高校くらいはなぁ。
D高校じゃちょっとな。

正確にメモを取った訳じゃないので雰囲気だけだけど、まぁこんな感じ。大文字はこの辺りで有名な進学校、で小文字は同じく有名どころの進学塾。すげーなー、素直に。

僕が同じくらいの歳の頃は、遊びかメシかテレビの話しばっかしてたもんだけど、今どきの小学生はたいへんだ。いや、時代の違いだけじゃないかもしれないけど。20時頃の路線バスに乗っているということは塾に行っている子供ということだろうし。僕の時代でも教育熱心なところの子供は同じ感じだったんだろうけどね。

少子高齢化で大学全入の時代と言っても、いわゆる上位校とかブランド校に入るにはそれなりの対策とか要るやろうしね。息子も「大学行きたい~」とか思い出したらその渦中に入って行くのかもしれないし。

ただ、大学行くなら「何しに大学行くのか考えなよ」ということだけはちゃんと教えていかんとな。とりあえず入ってから自分のやりたいことを見つけるのもありだろうけど、それにしても入学前に自分のやりたいことをしっかり考えてからでないと、それ(学部なり学科)が自分のやりたいことに合っていないことを判断するなんて考えることなんてできないと思う。実際、入試ではトップクラスで入ったのにやりたいこととの乖離が大きすぎていつの間にか消えたやつとかその逆とか、実際この目で見てきている。

僕が子供のころとはいろんなことの状況が変わっているからね、そこはちゃんと把握しながらやないとね。

さて、ぼちぼち会社行くとするか。

2011年2月16日 (水)

[日記] 息子、散髪

髪の毛がだいぶ伸びた息子は、毛先は目に入るしうなじはくすぐるし。
ということで、息子は本日奥様に連れられて散髪へ。平日と言うことでお店はがら空きだったみたいで。苦手な散髪前霧吹きも無難にこなし。

それにしても髪の毛切った息子、ご幼少の砌の頃の父ちゃんにそっくり。

髪の毛伸び放題ぼっさぼさの父ちゃんも、そろそろ散髪したいもんだ。

(2011/2/20 追記)

2011年2月13日 (日)

[日記] じいちゃんのお墓参り&京都こどもみらい館三昧

命日ちょっとすぎたけどじいちゃんの墓参りにに京都へ。JR京都駅から大きな地下鉄(烏丸線)と小さな地下鉄(東西線)とバスを乗り継ぎ、お墓入参りを済ませました。

ここ数カ月、京都入りしても行けてなかった"丸太町"こと、息子の大好きな京都こどもみらい館に久々に。自分の日記をたどったら昨年11月6日以来ですな。

多分今までの経験の中で一番子供たちが多くて、けど息子はそんなことお構いなしに遊びまくっておりました。

奥様が3階に図書室にあるのを発見。そこで読み聞かせと紙芝居を楽しんだ息子。紙芝居ではいつものとおり「すすすーっ」と最前列に出て、しかも紙芝居が楽しいもんから膝立ち、そして立ち上がってしまって後ろの子に「見えへんー(怒)」と首根っこ引っ張られて。僕も久しぶりに紙芝居見たけど楽しかった。

まるまる3時間半楽しんでばあちゃんの家で晩ご飯して帰途に。京都駅出たら、もう西大路通過する前に息子は寝とりました。

(2011/2/20 追記)

2011年2月 4日 (金)

[成長] ええ感じでお絵かき

それまであんまり絵らしい絵を書いてなかった息子ですが、ここにきて急に絵ごころに目覚めたようです。

続きを読む "[成長] ええ感じでお絵かき" »

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »