2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の6件の記事

2011年7月25日 (月)

[仕事] 収束せんなぁ。。。

先週に引き続き、新幹線の中で日記書いてたりするとはねぇ。

結局デスマーチは終焉を迎えることなく、今週いっぱいは引っ張り回されることになりそうだ。

今週、夏休みを予定していたのに、実際には真逆の展開。いままでいい加減に放置していたところの膿が一気に吹き出した感じで、リリーバーとして入った身なので精神的な面では意外と追い込まれてないけど、せっかくのオヤスミが丸ごと潰れてしまって、貴重な奥様息子との時間が持てないことへの悔しさはもちろんある。

SEやってりゃ何年かに一度はこんな目にあうのはある意味仕方ないんだけどね。

とにかか、少しでも早く火を消す。今はそれしかないのだ。

2011年7月24日 (日)

[育児] "今日"という詩

日曜だけはずっと休んでるけど、ここ一月の間はけっこうなデスマーチが続いてきた。
その総決算となるクライアントでの最終調整作業、当然すんなり収まるはずもなく
2週連続の休日前日移動の出張となりました。今週こそちゃんと終わらせるのだ。

そんな出張への移動中に見つけた詩。

今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら
なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの? とか

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?

今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために
すごく大切なことをしていたんだって。

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ。

(以下原文)
Today

Today I left some dishes dirty.
The bed got made about two-thirty.
The nappies soaked a little longer.
The odour got a little stronger.
The crumbs I spilt the day before
Were staring at me from the floor.
The art streaks on those window panes
Will still be there next time it rains.
For shame,oh lazy one you say
And "just what did you do today?".

I nursed a baby while she slept.
I held a toddler while he wept.
I played a game of hide'n'seek.
I squeezed a toy so it would squeak,
I pushed a swing,I sang a song,
I taught a child what's right and wrong.

What did I do this whole day though?
Not much that shows,I guess it's true.
Unless you think that what I've done
Might be important to someone
With bright blue eyes-soft blond hair,
If that is true,I've done my share.

『今日』 (伊藤比呂美訳)

そうだよね。ほんとに。そうなんだよ。

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

のところ、ほんとにそうだと思った。

子育てなんて家事の片手間にやるもんだ、と思っているお父さんとか
えらい人は多いように思うけど、乳幼児を守りきっちり育てていく
なんてのは、それだけで大変な仕事なんだと言うのは、ほんの1日息子と
2人で過ごすだけでも分かる。

乳幼児がいる家の家事なんて、「子育ての片手間」にできるくらいの
つもりでいるのが正しいのかなと、今なら理解できる。

今までの4年弱の中で、僕自身反省というかもう一度やりなおしたい
と思うようなことは多々あったし、悲しいことに今でも...なときは
あるから、時々はこの詩のことを思いだしていこう。

平日ずっと、そして休日も休みなく子育てしている奥様に、
ほんとうにありがとう。

2011年7月22日 (金)

[くらし] 長かった出張、やっと帰れる

当初2日間のつもりで出かけた出張が、ズルズルと延びて結局金曜帰り。クライアントでの調整作業は、デスマーチの締めくくるに相応しいグダグダぶりだ。

結局今週一週間、家族とのやりとりは携帯電話とメール、あとフェイスブックに作った家族掲示板だけ。こんな便利な時代なのでまったくの音信不通ということにはならいのだけど、やっぱり気も的には辛いもんだ。
考えてみたら単身赴任なんてこれが延々と続くわけだから、そうなったら正直ぼくには耐えられないよなぁ。そら一緒にいたら息子のいたずらとかワガママにいらいらすることはあるのだけど、離れ離れになる生活って考えられないな。

新幹線はようやく浜松通過。お家まではまだまだ遠い。金曜日で満席のこの新幹線には、単身赴任から久しぶりに家に帰って行く人もいるんだろう。

そんなやってみんな頑張ってるんだよ。この日本。


2011年7月12日 (火)

[健康] そういう歳になってきている


今日会社で同僚に呼び止められて「ちょっと。。。」

聞くとお義母さんにガンが見つかり「医者にはこう言われたのだが、実際どうやと思う?」と。

自分の知っている範囲で考えられる状況を伝えたのだけど、発見された段階でもう厳しい状況になっていたみたいだ。

友人とか同僚とかの本人の範囲では、ガンとかの話題はまだ聞いたことないけど、親世代の話しとなるとやっぱり耳にすることが多くなってきた。

自分たちもそういう歳になってきてるし、僕たち自身にも起こってもおかしくない。

いろいろ思うところが多い。

[仕事] たまには仕事のことなど

と言っても大した話ではないんですがね。

取引先のいつもいっしょに仕事している人の中で「この人はできるなぁ」と常々思っている人がいるのだけど、その人を見ると思うのは「当たり前のことを当たり前にやってるなぁ」ということ。

どのくらい当たり前かと言うと、指示メールには必ずターゲットが設定されている(だれが何をやったらいいかわからないような、"各位"宛のメールがない)、会議時間開催連絡には終了時間を設定している、自分に分からないことがあってもそこでタスクをストップさせずに次の手をすぐに打っておく。

まぁそんな程度の当たり前のことなんだけど、それが「常に」きっちりできている。技術的には特別コレと言って突出したものはないんだけど(失礼!!)、誰にでもできる普通のことをやっている。

喋っていても普通に会話ができる普通の人なんだけど、かなり無茶なプロジェクトでもきっちり回している。見習うところが多い。

そんでもって今僕がヒーヒー言っているプロジェクト。プロジェクト崩れしてから参加したプロジェクトで、入った時にはもうまっとうな方法で立て直すことを考える時期はとっくに過ぎているようなひどい状況なんだけど、そのプロジェクトはと言うとさっきの人がやってることの真逆ばかりがやられている。

そら、プロジェクト崩れもするわなぁ。そんな感じ。

イチローが「ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」なんて言ってたけど、まぁ確かにそうなんだろうな。

仕事に限らず、家のこと、子育てのこと、いろいろ。

明日からもしんどい日が続くけど、直せるところはちょっとでも直してよくしないとね。

2011年7月 3日 (日)

[仕事] あと味の悪いデスマ脱出

今週も土曜日出勤。日曜日出勤も覚悟していたのだけど、まるで神風が吹いたように、予想外の展開でひとまずはデスマの1つを脱出できた。

それはいいんだけど、今回のは何ともあと味がよろしくない。

ビジネスなんでね、契約履行の対価としてお金を頂ければいいって言えばいいんだけど、実際はそんな単純なもんじゃない。

ITの世界って言っても、結局は人と人のつながりで持ってるんだもん。

然るべきときに「ごめんなさい」「ありがとう」が言えない人とはいい仕事はできないなぁ。結局のとこね。

会社境界を越えて、チームを作るせっかくのチャンスだったと思うのに、真逆の結果に持って行くのはある意味すごい手腕だ。

他の会社のこととは言え、あれじゃメンバーはかわいそうだよなぁ。、

自分がどうなのか再確認する機会になったし、いい勉強にはなった。それは収穫だった。

いいものを作って、みんなが成長できるのがいいね。

実はもう1つデスマをやっつけないといけない。けどそれは月曜から考えることにして、明日は家族の時間を楽しみましょ。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »