2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の5件の記事

2011年10月28日 (金)

[出産] カンガルーケア

最近、カンガルーケアに関連して気になるニュースが2つ続いたので書いてみる。

 赤ん坊が重度の脳障害になったのは、母親に新生児を抱かせる「カンガルーケア」や母乳だけの育児方法を実施し、長時間放置したためとして、宮崎県に住む夫婦が27日までに、県内の病院と母乳育児を推奨する国に計約2億3千万円の損害賠償を求める訴訟を宮崎地裁に起こした。

 訴状によると、母親は2009年8月20日午後2時50分ごろ、帝王切開で女児を出産。病院側は約1時間後に母親の胸の上に女児を寝かせ、その後病室に2人きりにした。女児は約11時間後に心肺停止。「低酸素性虚血性脳症」と診断され、現在も自発呼吸ができない状態という。

カンガルーケアで脳障害 「放置」と病院提訴 (2011/10/27 22:19   【共同通信】)


 名古屋大学医学部付属病院(名古屋市昭和区)は26日、同病院で2009年8月、出産直後の母親に抱かれていた新生児が呼吸停止に陥る医療事故があったと発表した。

 新生児は蘇生措置で一命を取り留めたが、脳の一部を損傷し、一時、手を自由に動かせなくなった。現在はほぼ回復しているものの、成長に伴って後遺症が見つかる可能性もあるため、小児科外来で診療を継続しているという。

 同病院によると、事故は、母親が生まれたばかりの赤ちゃんを抱いてスキンシップを図る「カンガルーケア」の最中に発生。新生児は、母親の胸の上にうつぶせで抱かれていたが、口と鼻が母親の首に押しつけられる状態となっていた。本来は、助産師らが母子を観察しているはずだったが、別の分娩
ぶんべん
の応援で目を離した約20分の間に呼吸停止に陥った。母親は早産のため他院から転送され、2日がかりの出産になったことで消耗していたという。

カンガルーケア、出産直後だっこで呼吸停止事故 (2011年10月27日08時50分  読売新聞)

うちでお世話になっていたクリニックでもカンガルーケアを薦めていて、我が息子もカンガルーケアさせてもらった。クリニックからカンガルーケアのリスクを説明してもらった記憶はないので、説明は受けてないか、受けたとしてもあんまり印象にに残らないものだったんだろうなと思う。今日そのクリニックのWebページを見てみたけど、あんまり詳しい説明は書いてないなぁ。

もし、(頭に残るような)説明を受けていたら、うちはどうしていたんだろうなぁ、とは思う。

もっとも、お世話になったクリニックは出産後もずーっと助産師さんが付きっきりで見てくれていたし、息子の身体にセンサーみたいなのを付けて監視もしていたから、ニュースにあるような「放置された」状態からは程遠いものだったけどね。

これから出産を控えているママさん、パパさんは、良い方の話しだけではなくリスクの方にも目を向けていろいろ考えた方がいいかなと思う。

2011年10月25日 (火)

[日記] 関東某市に出張

先週は関東地方の某市に出張。放射能ホットスポットが少なからず存在すると言われている都市だ。

と言ってもこの大都会はごくごく普通に動いていて、行きかう車の数も人の数も賑わいも以前と何の変わりもなかった。

僕が街をうろつく時間帯、公園には子供の姿はなかったけど(代わりに若者がたむろしてたけど)、見かける家の玄関先には三輪車や子供用の自転車が止められていて、ここで子供も普通に生活しているんだろう、西日本の子供たちとほとんど変りなく。

目に見えないホットスポットの近くを僕も通り過ぎてただろうし、関西にいるとき比べたらやっぱり被曝してるんだろうけど、ここに住み続けている人、特に子供がはそれよりもずっとずっと被曝の影響を受ける可能性があるんだと思うと、やっぱりこの国はえらいことになってしまったんだなぁと今さらながらに感じる。日本人も隣国の子供のひき逃げ無視を非難しているけど、日本の大人も人の事言えないのではないかと思う。

2011年10月18日 (火)

[成長] 幼稚園始めての運動会、お父ちゃんも気合入った

土曜日の予定だった運動会は、前日からのあいにくの雨でお流れになり日曜日に。

土曜日の朝一番に幼稚園から「中止だよっ」メールが飛んできた。が、息子には中止という事態が納得いかなかったらしく、そんならばと息子と2人でグラウンドの前まで見に行ったら、ちょうど先生がグラウンドから退場してくるとこで。。。「ほら中止やろ」という父ちゃんの言葉に露骨にしょんぼりする息子。

そこに「あっ、○○くーん、どうしたん?」声をかけてくれたのが年中組の先生。入園当初根っからのお調子者(?)ぶりを発揮していた息子は、4月の時点で他学年の先生にも顔と名前を覚えてもらっていたそうなのだけど、こうやって名札も付けていない状況で名前呼んでもらう姿にはいきなりちょっと感動した。もう入園して半年だからね、普通にそんなもんなのだろうけど、父ちゃんがともあれ感動したのは事実だ。

先生に会えた息子もちょっとご機嫌を取り戻して、ちょこっとだけドライブして土曜の朝はそこまで。

で、一日経って日曜日。息子は朝から気合十分。開門時刻過ぎてから行ったけど、まぁまぁの場所に陣取れたのでラッキー。けど来年はあと1時間早めに行った方がいいかもなぁ。。。

グランドコンディションは「やや重」ながらも天気は快晴で気持ちよい。時間も進むうちにコンディションも「良」になり、元気なちびっ子達の運動会を、ばあちゃん×2も含めてみんなで楽しんだのでした。

思えばどちらのばあちゃんにも、幼稚園服姿の息子はあんまり見てもらう機会が無い訳だ。僕のおかんの方のばあちゃんは、ずいぶん前から運動会を楽しみにしてました。奥様の方のばあちゃんも、最初から最後までずっと声援を送ってくれて。息子を始め幼稚園児の元気な姿を見てもらうことができて嬉しかった。

で、息子。かけっこもお遊戯も、もちろん年少さんレベルではあるのだけど、その成長ぶりには驚いたなぁ。半年前、幼稚園入園した直後なんて、ちょっと目を話したらグランドに飛びだすしひとときもじっとしてないし、良く言えば元気いっぱいな子供だったんだけど、それがたった半年でここまでできるようになるなんて。。。運動会最後にメダル(園児全員がもらえるメダル)をもらったときの笑顔はもうすっかり立派なお兄ちゃんだったな。

僕的には自分の息子のとき以外は退屈するのかななんて思ってたのだけど、年中さんのも年長さんのもほんと楽しめた。年少→年中→年長と言う成長もよく分かった気がしたし、年長さんともなるとほんとに小学生と同じだね、あれはって感じ。組体操の3段ピラミッドにはね、ほんとじーんとしたよ、その中に自分の息子が居るわけでもないのにね。あと2年でこんなにできるようになるんだとね。

そうやって成長して、だんだんお父ちゃんの手からも離れていくのかと思うとちょっと淋しい感じもするのだけどね。でもそれ以上に嬉しいね。


続きを読む "[成長] 幼稚園始めての運動会、お父ちゃんも気合入った" »

2011年10月 5日 (水)

[育児] 幼稚園の変貌(ご近所編)

我が息子が通っているA幼稚園、これと言った特徴が無いのが特徴の園で、「子供はみんな仲良く遊んで元気が一番」がモットー。英語をやるでもなく、絵画の情操教育をやるわけでもなく、暇があったら遊んでるみたいな感じ。

そんなA幼稚園は、我が家から距離的に近いというのももちろんあるのだけど、僕たち夫婦の思いとして「勉強なんて興味が湧くか必要に迫られたら何とかできるようになる。幼稚園の間はひたすら遊んでお友達とのぶつかりあいをしてそこからいろいろ学んでくれたらええわ」というのがあったので、ちょうどピッタリな園だったというのが決め手だった。奥様情報によれば、他にもママさんの中にも「特に何もしないからA幼稚園」を選んだ人はいるみたいで、その辺は類友なんやろな。

ところで折しも幼稚園入園申し込みの季節、同じ会社でうちの近所に住むパパさんは幼稚園探しの最中だったので、「もう幼稚園決めたん?」と聞いたら

「うん、X幼稚園にしようと思ってる。英語とかいろいろやってくれるし。A幼稚園は何もしてくれへんらしいしちょっとなぁ」

いやいや、A幼稚園児のお父ちゃんが目の前にいるんですけど(汗)。けどうちの団地にも「A幼稚園なんて。。。」と検討対象にもしなかったパパさんママさんもいたので、アンチもけっこういるみたいだ。まぁその辺はその家庭の方針とか考え方が反映されるとこやな。

さてA幼稚園とは別に、うちに割りと近いので我が家でも(一応)入園申し込み検討対象にしたB幼稚園。ここは対照的に「英語と絵画情操教育」が売りで、この辺ではそれなりに人気のある園だ。

そのB幼稚園は、ほんのちょっと前まではA幼稚園と同じく「元気が一番」な平凡な幼稚園だったそうだ。ところがB幼稚園は新興住宅街の中でもちょっと古めのエリアの中にあるがため、近所の住民の年齢層が上がってきたのの伴い、経営が傾くくらいの勢いで幼稚園児が減ってしまったそうだ。

で、苦肉の策(?)として園の方針を180度転換したのだとか。これは奥様経由で聞いたご近所のママさん情報。

幼稚園の生き残りも何かと大変なんやなぁと思った次第。

あと10年くらいしたらA幼稚園も今とは変わった姿になったりしてるのかもね。

2011年10月 2日 (日)

[日記] こづかい帳をつける

こづかい帳をつける、なんて何10年ぶりくらいだろうねぇ。小学校のときにつけさされていたときは3日と続かなかったけど。

どうも最近自分が思っている以上におこづかいを使っているように思えて月末が随分長いように思えてたので、まずは現状分析をしようかなと。

大雑把でもいいから続けられる仕組みがないかなぁと思って探してみたら、Cashbookというサービスがあるのを見つけたので早速先月から始めてみた。

twitterから投稿すると、使ったお金の累積と簡単なジャンル分けをやってくれるという仕組みなので、いつも使っているのとは別アカを作り、メールで投稿できるようにして準備一丁上がり。

締め日が月末にしか設定できない(給料日とタイムラグがある)とか、入金管理がやりにくい(入金扱いをするとグラフ表示がおかしくなる)とか細かいところでは不満はあるのだけど、メール送信だけでお手軽に記録を残せるというのは僕にはありがたい。こういうのは続かないと意味がないしね。そろとクラウドな感じだから、PCからでもスマホからでも参照できるのもよい。

やり始めて気付いたのだけど、こづかい帳をつけるとそれだけで無駄使いが明らかに減ったなぁ。記録することを前提にすると、この出費、ほんとに要るのかというのをその場その場で考えるようになった。これは予想してなかったのだけど、結構いい効果だな。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »