2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の6件の記事

2011年11月29日 (火)

[成長] 女の子からお手紙をもらった

まんまタイトルの通りです。ただし父ちゃんではなく息子のことです。もらった手紙の封筒を見たら、かわいい2人の絵とハートマークが描いてありました。

息子は嬉しかったようです。さっそくお返事のお手紙を書いてました。その封筒も横においてありましたが、そちらは見ないことにしました(女の子からもらったのも中身は見ず、封筒しか見てないけど)。

淡い初恋なのか、そういうの関係なしでお友達なのか。そこらへんは分からんけど、我が息子ながらなかなかやるなぁ。

2011年11月28日 (月)

[成長] 息子のマイブーム(その3)~ハサミ~

ここのとこはさみでいろんなものをチョキチョキ切るのがマイブーム。
昨日も今朝も、ハサミを使ってチラシをクーポンっぽく切り刻んでいました。

あまりにハサミが楽しくて、今朝は「(幼稚園に行かずに)もっと遊びたい~!!」と泣き出す始末(汗)。

けど、ハサミの使い方は、確実に上手くなっています。

2011年11月23日 (水)

[成長] 息子のマイブーム(その2)~折り紙~

幼稚園のお友達と折り紙作品を交換するのが軽くはやっているようだ。

手裏剣とか、バスの折り紙とか。

この前ちょっとしたケンカをしたお友達から、仲直りのしるしに(?)
折り紙のバスをもらった息子。はにかんで「ありがとう」はあんまり上手に言えなかったけど、その日は大事に折り紙を持ってたみたいだった。

そのお友達も、実際に折り紙を折っているのはお母さんであって、うちも
手裏剣を作るのは僕の係りなんだけど、そのお友達はバスの形はお母さんが
作ったらしいけど、窓の絵は自分で書いてくれていた。

僕もすごくほんわかとした気分になれる。

[成長] 息子のマイブーム~お店ごっこ~

ここんとこ息子のマイブームになっているのがお店ごっこ。

ドトールとかスタバに置いてあるメニューのチラシとか、宅配ピザとかお寿司のチラシをいっぱい集めて部屋に並べて。

いらっしゃいませー、何になさいますかぁ?

僕お寿司のチラシを見ながらが「じゃぁお寿司上握りください」と言うと

お寿司は今日はありません。代わりにピザがおすすめですよ。ジュースもありますよ。

客の意向なぞ何するものぞの超マイペースな店員さんで、けど何をどんだけ頼んでも代金は大体700円くらい。

しばらく放っておいたら、

今日はヒマやなぁ、お客さんきいひんなぁ。。。

そんな様子がかわいくて仕方ない。ただ、何度でも何度でも注文聞きに来るので、父ちゃんはちょっと困ったりもするのですがね。

2011年11月20日 (日)

[日記] Webとか本から知ったことのメモ書き

■ 不潔でだらしない子

先生の胸に激しい痛みが走った。ダメと決め付けていた子が突然、悲しみを生き抜いている生身の人間として、自分の前に立ち現れてきたのだ。
不潔でだらしない子

見た目とか、話ししている内容の表面的なところの解釈だけで人を判断してしまって、その判断に基づいた思い込みでいろんな行動をしてしまって(その人を嫌いになるとか、無視するとか、避けるとか、そういう致命的なのを含めて)、あとでものすごく後悔したことは何度も経験がある。

口で言うほど簡単なことではないけど、そういう思い込みで人との縁を無くしてしまうってのは残念だし、相手が子供であればその子供の人生すら駄目にしてしまう可能性がある。

自分の思考の軸を修正するために、時々は思い出したい話し。

■ フリーアドレス

ここんとこノマドワークスタイルとかの本をいろいろ読んでて、うちの会社は全然そんなんじゃなくて、現実的にはノマドなことはできないのだけど、いろんなヒントが転がっているので楽しい。で、オフィスでフリーアドレスってのがあるってのを知ったのは割と最近のこと。そんなオフィスもあるんだねぇ。

オフィスにおけるフリーアドレスが良いのか悪いのかはよく分からないのだけど、家の中のフリーアドレスってのもええんちゃうかなぁと思っている。子供とかお父さん、お母さんの専用の部屋がなくって、その日の気分とかニーズであっち行ったりこっち行ったりての。何となくだけどいいなぁと思う。

息子も思春期くらいになったら専用の部屋とか作ってやらんとあかんのだろうけど、ある一定の歳までは専用の勉強机すら無くてもいいなと思っている。

あくまで僕個人の思いなんで、この先実際にはもちろん奥様、息子と相談しながら決めていくんだけどね。

2011年11月 8日 (火)

[仕事][暮らし] 休日出勤は、大切な時間をドブに捨てることでもある

父ばあちゃんとこに行く、JR工場見学、遊園地、公園、母ばあちゃんとこに行く&子ども向けハロウィーンパーティ、公園、近所のショッピングセンター、運動会。

ここ数週間の休日に僕が何をしたか、をtwitterでたどってみた(何してたか、わりと忠実に思い出せるのがtwitterのいいところ)。

どれもこれも我が親子で一日べったり一緒に居たり、そしてばあちゃん達と遊んだ日々が並んでる。今思い出しても楽しかったのばかり。

もしも休日出勤してたとしたら、これらの思い出のいくつかは吹き飛んでいただろう。土曜に出勤したら、その疲れが日曜に持ち越すだろうから、土日ともアウトになったりもする。

休日出勤するってことは、こんな思いでの機会をわざわざ捨ててるのと同じだ、って思いが最近は強くなってきてて、休日で挽回してまで仕事を何とかしようという気が無くなってきている。休日出てスケジュールを挽回しても、休日出勤でリカバーしたものだなんて誰も気づかないのだから、それが当たり前のものに思われるのもシャクやし。その代わり平日は終電近くまで頑張る。

長年染み付いた習性でついつい休日出たくなるけど(やっぱ工程遅延のデスマを何度も経験してるとね)、休日出勤=思い出をドブに捨てることだと思いだすようにしていこう。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »