2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« [日記] 僕の中でウィルコム終了 | トップページ | [育児] コマなし自転車制覇までの記録 »

2012年5月31日 (木)

[育児] 子供は地域にとっての希望なのか負荷なのか

出張からお家に帰ってきて、テーブルの上に置いてあったのが自治会からの報告書。で、その中にあったとある住民からのご提案がすごかった。特定の誰かに対するクレームではないけど、内容はと言うと「子育て中のご家庭」に対するご提案という名の、実際のところはクレーム。

文章はかなりの長文で、論理がいろいろ破綻している「頑張って書きましたね!!」って感じのものだったのだけど、本来これを言いたかったんだろうなぁというところは十分想像がついて、ただいま子育て中の僕から見ても、全部ではないけど7割くらいは納得できる内容あった。

あんまり細かいことを書くわけにいかないのでぼんやりとした表現しかできないけど、考えを突き詰めていったら「地域はどこまで子育ての負担を受け入れるか」と「子育て家庭はそこにどこまで甘えてもいいのか」というところにも行きつくのかなぁと。

世の中いろんな立場、考え方の人がいるのは当然で、そうなると立場によって考え方が異なるこういったグレーゾーンがどうやっていくのか、というのは頭の痛いところになってくる。そういうのを何とかする知恵の一つがルールとか決まり事なんだろうけど、決まり事なんて基本的に大人の、それも「力を持った」側に有利なようにしか作られないので、子供にかかわる事柄をルールで考えたら子供ではない側に有利になる仕組みになってしまっているのも、これもまた事実だわな。
最初に書いた「ご提案」の内容は、ルールを盾にしたいわゆる「過度の一般化」論理で押しきろうとしている感じのもので(そらグレーゾーンなんだから、白か黒かを言い切ろうとするとどうやっても無理は出てくるけど)、言いたいことは分かるけど残念ながら子育て世帯にいる僕の心には響かなかった。

けど、子育て世帯側の中にも「そこがグレーゾーン」ってことすら意識できていない部分というのは多分にあって、反対の立場の人から見たらそこらへんに反感を持たれるのは事実で、自分たちの側から律していかなかればいけないところはある。そこから目を背けてはいけないとは思っている。

ただすごく残念に思うのは、昔なら(少なくとも僕が子供の頃なら)、ご近所の子供とおっちゃん、おばちゃんの間の「あうんの呼吸」で成り立っていた部分までルールベースの議論に持ち込まれてしまうことだな。これは少なからず子育て側にも問題はあるとは思っているのだけど、(今の時代に合わないことは承知しているが)うん10年前の下町に育った僕には息苦しく思えることもある。もちろんいろんなことをルールで決めてそれをみんなが守れば(子供に守らせれば)、確かに調和のとれた地域とか組織ができるのかもしれないけど、それって「ひと」の社会としてどうなのよ、そんな地域に住んでいて楽しいのか?ということでもあると思う。

« [日記] 僕の中でウィルコム終了 | トップページ | [育児] コマなし自転車制覇までの記録 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019032/45473811

この記事へのトラックバック一覧です: [育児] 子供は地域にとっての希望なのか負荷なのか:

« [日記] 僕の中でウィルコム終了 | トップページ | [育児] コマなし自転車制覇までの記録 »