2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月の3件の記事

2014年1月28日 (火)

[お出かけ] 阪急電車を1日でどれだけ乗れるか

という、アホ極まりない(?)旅を、この週末に息子としてきました。
阪急電車、阪神電鉄から発売されている「阪急阪神1dayパス」。これを使うと、1日限定ながら、阪急電車、阪神電車と神戸高速が乗り放題になるというスグレモノ。大人1,200円

Img_7051

朝の9時から19時まで、途中休憩をはさみながら(一部阪神電車も駆使し)約10時間。旅が終わってから乗車距離を計算したら181.1km、普通に乗車券を買えば2,370円となる行程でした。

途中、これも阪急電車の企画である、新駅&駅名変更駅 宝探しで1時間半ほど散歩してたので、それが無ければ阪急全線完乗も夢ではなかったかも。

盲腸線の終点である、甲陽園、伊丹、箕面は初めて行けたし、普段は眺めないような路線の景色を眺めたり。利用している京都線の景色も、いつもと違ったものに見えたり、京都線では製造後50年の車両にも乗れたりして(阪急は古い車両も大切に使うので、乗っててもそれほど古臭さを感じない。さすがに乗り心地は少々アレでしたが)、なかなか発見の多い旅でした。甲陽園線とか箕面線といった盲腸線は、乗客が少なくて閑散としているものと勝手に想像していましたが、実際に乗ってみると相当に乗客が多い。地元の足としてしっかり定着してますね。

で、息子。10時間近くも電車で連れまわされて「もうこりごり」かと思いきや、旅を終えても「まだまだ行けるで」って感じで。。。いやー血は争えん。ってことで、次は大阪市営地下鉄制覇ということで、話がまとまってしまいました。

僕的には、ここも魅力的。ビールの試飲もさせてもらえるらしいので、近いうちに行ってみたい。

続きの方で、途中の思い出に残ったいくつか駅を並べときます。

続きを読む "[お出かけ] 阪急電車を1日でどれだけ乗れるか" »

2014年1月19日 (日)

[成長] 6歳の成長、外界から刺激を受ける経験の場も増えてきた

あと3か月もすれば小学1年生になる息子。活動の場もすっかり広がりつつあります。

先日、息子と奥様がとある音楽会の発表側として参加する機会がありました。幼稚園の行事とは関係無く、マスコミでも小さからず取り上げてもらった音楽会です。

当日はお客さんもいっぱい来ていました。数百人の中のメンバーの一人なので、息子そのものの責任範囲としては決して大きくはない。けど普段はちゃらけている息子もさすがに顔が引きつり緊張気味。それでも何とか上手にこなせた感じでした。

この日のために、発表の1か月ほど前からリハーサルをこなしてきました。2時間のステージを作るのに何か月もの期間をかけて練習を重ね、いろんなことが思うようにならないというジレンマを経て音楽会ができあがるのだという経験をした息子、習い事とかだけでは学べない貴重なことを、身を以て学んだような気がしています。

母ちゃんが練習しているのを見てというきっかけはあるけど、息子は自ら首を突っ込んでいきました。

やりたいことの邪魔をしなければ、子供は勝手にいろんなものを吸収していく。子供から経験の場を奪わないことが大事なんだろうなと。もちろん親が経験の場を与えるってのが大事な場面もあるんだろけど、道を踏み外さないようなことなら、本人が興味を持ったことは、まずはやってみようという方向性にして、親の思ったようなものではなくても邪魔はしないながいいんだろうな、そう思った機会でした。

[お出かけ] 憧れの京都縦貫道から日吉ダムへ

昨年大山崎JCTから大原野ICまで京都縦貫道を利用し、その路面の美しさの虜になった高速道路好きの我が息子。昨年末あたりから、「正月にばあちゃんとこ行ったときに、縦貫道を全線制覇したい」と野望を持っていました。

で、お正月。京都にしては穏やかな、けど十分に底冷えするお正月の一晩を過ごし、朝からばあちゃんも含め3人で、お寺経由京都縦貫道の南半分区間の終点丹波ICまで。京都縦貫道自体は京丹波わちから宮津天橋立まで北進してるけど、それはまた今度ということで。

丹波IC降りてからお昼ご飯にしようということで、道の駅丹波マーケスに。ここでお昼ご飯(地元の野菜を生かしたラーメンをいただきました、おいしかった)を食べ、恒例のスタンプ押しをしてたら、丹波地区の道の駅4箇所を回ってスタンプを集めたら、何かに応募できるみたいだったので、その足で道の駅スプリングスひよし道の駅 京都新光悦村道の駅 ガレリアかめおかを一気に回り、スタンプラリーの応募をしてきました。

その中でも道の駅スプリングスひよしとその横の日吉ダムがよかった。この道の駅は、日吉ダムのすぐ近くに設置されていて、温泉があり、無料の足湯もあるなかなかの設備ぶり。目の前の日吉ダムのでかいことでかいこと。

Ts3n0122

日吉ダムって、小学校の社会の時間で習ったことはあるけど、実物を見るのはこれが初めて。でけーなぁ。

昨年9月13日の京都の大水害のときに、京都を救ったダムとして名を上げました。

ダム建設って地元の犠牲を伴うし、賛否両論つきものですが、このダムが無ければ昨年の京都がもっとひどいことになっていたのは事実のようです。

道の駅からさらの車で5分程走ると、日吉ダムのインフォギャラリーがあるとのことなので、正直それほど期待せずに行ってみました。

行ってびっくり、ここダム本体(堤体)の中が公開されている。要するにダムのコンクリートの中に入れるんですね。これは嬉しい誤算です。ゲートを動かす機械も見れるようになっていて、メカ好きの息子は大喜び。

これはダム本体の中の写真です。中を一般向けに公開するという試みは、ここが最初のようです。

Ts3n0129a

ダム堤体から下を見下ろします。さっきの写真のちょうど逆方向の撮影。でかいです。

Ts3n0128

ダムに興味がない人でも、足湯とかで楽しめると思うので、お近くに行かれた際には行ってみるとよいと思いますよ。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »