2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の2件の記事

2014年6月 2日 (月)

小学校のトイレ事情

息子が通っている小学校においても、特に女の子をもつ親御さんからお話しでは、学校でトイレを我慢している子は少なくないみたいです。お家帰るまで我慢して、家についた瞬間のトイレに駆け込む子もいるとか。
入学式があったときに男子トイレを覗いてみたら、いわゆる昭和の小学校な感じのトイレで、トイレってよりは便所、って感じ。大のお部屋は和式でした。特別汚いという感じでもなかったけど、決してキレイとは言えない。一応、小学校の中には別の場所に洋式トイレはあるみたいですが数が少ない。

入学式前には、こんなの作ったりして和式トイレ対策を打ったりしたけど、どうなんかなぁ。

男の子はまぁ言うたら「立ちション」なので、トイレ滞在時間が短いからいいけど、女の子は個室に入らざるを得ないしなぁ。
これ、TOTOさんのページ。
ここにも書いてあるけど、今のお家はどこもトイレは洋式やしキレイ。デパートとかショッピングセンターのトイレもキレイ。公立だけなんかも知らんけど、小学校だけ昭和から取り残されてるもんなぁ。
うちの息子が通っている小学校、最近改築した校舎のトイレも妙に排水悪かったりしてるらしい。健康に関わりのある場所なんやし、もうちょっと何とかならんかなぁ。

2014年6月 1日 (日)

ちょっとレトロな(?)京都市青少年科学センター、小1の息子かなりはまる

真夏のような暑さになったこの週末の5月最終日、31日。息子とともに京都ばちゃん家に行ってきました。
午前中に用事を済ませて、午後からのお出かけは京都市青少年科学センター。市バスに乗ってGOです。
今 回の移動は京都市バス一日乗車券が大活躍。均一区間内の京都市バスと京都バスに1日乗り放題で大人500円。市バスは大人230円(高い。。。)なので、3回乗れ ば余裕で元が取れます。4月の消費税増税で市バスの料金は上がりましたが、この1日乗車券はお値段据え置かれ、乗車可能範囲も広がり、京都バスにも乗れる ようになったので、ますますお得になった感があります。って、何か市バスのステマやってるみたい。
実は市バス1日乗車券には子供用もあるのです。僕が京都入りの際は大抵京都市バスの1日乗車券を買っているのですが。子供用の存在には今回のお出かけで初め て気づきました(まぁ、息子は3月まで無料だったので気にしてなかった、というのもありますが)。自分用に一日乗車券が割り当てられた息子、結構喜んでくれました。

140601_225601

青少年科学センターへ は、京阪藤森駅からのルートが一般的な気がするのですが、今回は市バスで。そのものずばりの「青少年科学センター前」バス停に停まるバスは、京都駅前から は1時間に1本しか出ていないので、便数が多い81系統で停留所1個分だけ離れた「竹田出町」まで行き、そこから歩いて科学センターに向かいました。
京都市青少年科学センター。大人510円、小学生は100円です。

140601_225801

この科学センター、僕の住んでいた洛北からだと京都市の端から端の移動になるので、そんなに回数は行けなかったけど、それでも小学生の頃は僕も何度か通いました。
あれからうん十年。。。
多分ですけど、展示品とかはその頃からあんまり変わっていないような気がします。展示物のフォントとかも、明らかに昭和の香り。。。いたるものがアナログ感満載です。

展示室なんて、「プラネタリウムがメインで、その空き時間に見る程度のもん」という位置づけなんだろうな、と思っていたのですが、少なくともうちの息子はあらゆる展示品に食いついています。って言うか、多くの子供たちは、本気で楽しんでいるように見えました。こういうのが好きな子達が来ているというバイアスは多少はあるんでしょうが、やっぱり子供はこういうの好きですね。
タブレットやスマホで、お手軽にディジタル疑似体験ができるこんな時代だからこそ、このホンモノ感が新鮮なのかもなぁ。実際モノを触って、自分の目とか肌でで感じるのって大事やし、楽しいもんなんだろうなと思いますね。
実験コーナーも2回体験しました。液体窒素を使った超低温の実験と、炎色反応の実験。大人の僕も楽しめる実験で、炎色反応の実験では、「分光シート」というお土産ももらえました。これを通して景色を見ると、けっこうキレイなんです。

140601_231901

息子、青少年科学センターは、これで3回目なのですが、「次もまた来たい!」と言うてました。
あと、科学センターの目の前にある京エコロジーセンターにも興味を示したみたいで、「次はこっちが先!」とも言うてました。お財布にもやさしいし、次の京都入りのときもここに来ようかな。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »