2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2016年6月 | トップページ

2016年8月の3件の記事

2016年8月24日 (水)

保育園設置と引き換えにしたいものって。。。

住民が保育所猛反対 芦屋で開園を断念  神戸新聞NEXT 2016/8/23 05:30

うーん、何だかなぁと思ったのがこの記事。もう、幼稚園とか保育園なんてのは、この国では迷惑施設でしかないんやろうか。

この地域固有の事情があるのかもしれないし、事業者との間でこれまでにいろいろあったかもしれないので、あんまり軽はずみなことを言うのはいけない。実際、保育園に乗り付ける親の駐車が迷惑なのも事実。そんで記事もどこまで中立な立場で書かれているのか分からないのも承知な上、僕には子育て中の親バイアスがかかってることを前提に、文字通りに記事を読み取って僕の偏見を加味するならば、「高齢者のための静かな環境を確保するために、これからの未来を背負う子どもたちを預ける保育園は作らせないから、子育て期間中は親は仕事することを諦めて、家の中だけで子育てしなさいよ」ってことやんな、これ。

実際、子供なんてうるさいもんやし、家の中に息子が1人居るだけでうるささに辟易することがあるのは事実。ましてや保育園なんてよその子の集まりやから、「子供たちの声は天使のホワイトノイズよ」なんてきれい事言うつもりはない。けど、保育園を否定するなら、子育て期間は親は仕事できんようになる。

子供を遊ばせられない公園とか、電車の中で赤ん坊が泣いたら鬼の形相で睨まれるとか。子育て中の親がこんなに形見の狭い思いをする国ってどうなんやろ。

どうせなら「保育園なんて作らんといて欲しいから、その代わり子育て世代が捻り出している年金も介護保険も受給を拒否しますよ(団塊世代一同)」くらいのことを言い放って欲しい。そしたら、少しは団塊世代を見直すよ。

それにしても、何らか歩み寄りってなかったのかな。

2016年8月14日 (日)

[日記] ちょっとした山の中に入って思ったこと

今日、車の乗ってちょっとした山の中に行ってきたときに思ったこと。

160814

日差しもそれなりに厳しかったが、「暑いのは暑いけど、エアコン無しでも過ごせる。風が通れば涼しいし、日なたを歩いてても帽子があれば十分しのげる!」
「本当の夏の暑さって、こんなものなのかもね」。一緒にいた息子にもそんな話しをした。
山の中、と言うても街中から車で30分もかからない場所。いつも過ごしている家とか会社の周りと言ったところの異常なまでの暑さは、エアコンの熱などが原因の都市独特のものなのかなぁ、と思った。

2016年8月 7日 (日)

盆休みこそ!

先々週は会社は夏季休業日、でも僕は相変わらず休日出勤、そんな朝。学校が夏休みで家にいる息子が「行ってらっしゃい」してくれたのだが、そのときのちょっと寂しげな目が今でも頭に残っている。

会社としての夏休みは、盆休みとは別に一週間ほどあって、それは非常にありがたい。それも含めてゴールデンウィークの連休とか、年末年始とか「制度上の」休暇はいっぱいある。

ここ数年で、社泊を伴うような作業というのはほとんど無くなってきて、それはよいのだけど、休日とか連休を潰しての作業というのが常態化しているのはあまり状況が変わっていない。今年は年末年始、ゴールデンウィークとも半分くらい出勤した。

IT業界に限らないけど、発注元→一次請け→二次請け→。。。というITヒエラルキーの構造化では、上位層の意向とか契約とかが絶対なのであって、上流仕様決定がでたらめだろうと決定が遅れようと納期が変わることは無くて、結局下流工程が「気合と体力」で何とかするという状況は、僕がこの仕事に就いてからほとんど変わっていないような気がする。連休前にようやく仕様が決まり「あとは納期までによろしくねー」、連休中に下流工程で何とか吸収し、最終的にむりやり帳尻を合わせるということになるので、休んでいる人はいつも休んでいるし、そうでない人はいつも、、、という流れは個人の努力なんかでは変わらないんだろうな。

息子から「盆休みやちゃんと休むんやろうな!」とハッパをかけられている。お盆まであと少し、何とか頑張ろう。

今日も休日なのだけど、どうせ出張先だということもあるので、とにかく頑張ろう(昨日鉄分は補給したしね)。

« 2016年6月 | トップページ