2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

息子は成長中

  • いくつになったの
  • 成長曲線
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2012年7月13日 (金)

[仕事][日記] 丸坊主だらけの教室

なんでも優等生から茶髪問題児を含め、クラスの男子全員が丸坊主か
それに近い頭になっており、病気の子と仲が良い女の子達までベリーショート
一人は完全な丸坊主になってたらしい。
更に担任の先生(男性)まで丸坊主。

丸坊主だらけの教室で、病気の子は爆笑しながら
「ありがとうありがとう」と泣いたという。

示し合わせたわけでもないのに、
全員同じ事考える当時の弟のクラスに和んだ。

丸坊主だらけの教室

今日読んだいろんな記事の中でいいなと思ったのがこれ。実話かどうかは分からんけど、それはともかくとして僕も気持ちが和んだ。

仕事の上でも、いいチームでやっているとこれに似たことって時々ある。誰かが統制している訳でもないのに、結果として同じ方を向いて進んでいたって感じでね。周りから見たら纏まりがあるように見えるらしいんだけど、実は誰もまとめてないっての。これかなり気持ちいい。

ここ最近、そんな雰囲気を経験してないけど、まぁ今はそんな時期だと割り切る。そしてまたいいチームを作ればいいや。

明日で平日は終わり。もうちょこっとだけ踏ん張って頑張ろう。

2011年12月 2日 (金)

[仕事] 世代間で異なる仕事の流儀

2) デジタルネイティブ世代とのギャップ

彼らの意見に耳を深く傾けながら考えてみると、彼らの感じている体制への違和感は甘っちょろい感情論ではなく、どうやら会社内における「組織内情報の流れ方」に違和感を感じているようです。

ワークショップで考えさせられた世代間で異なる「仕事の流儀」

これ、なるほどなぁと思った。

昔から新入社員が仕事の基本として教わる「報・連・相」だけど、僕くらいの世代だと報も連も相も全部ボトムアップが基本で、お仕事の動きはトップダウンが基本。どっちにしても垂直方向の動きでしかも密結合、そこに不満はあっても「まぁそんなもの」と疑問を抱くことはそんなになかった世代だと思う。少なくとも僕はそう。

時代は変わり、物心ついたときからからインターネットがあって当たり前にSNSに馴染んできた世代にとっては、コミュニケーションは垂直方向だけでなく、縦横斜め縦横無尽にしかも緩く繋がるのに違和感はないのかもしれないなぁ。そのへん「ちょっと頑張ってインターネットを身に付けた」世代と考え方が違ってても当たり前な気はする。話しはそう単純なものではないとも思うけど、あながち否定もできない。

いわゆる若い世代、自分なりに考える仕事の流儀は違ってるけど、決してやる気がない訳ではない。オジサン世代には難しい時代なのかもしれないけど、むしろ面白い時代になったな。

違いがあることを知ること、そしてその違いを否定しないこと。このへんは大事かなと思う。

2011年8月 3日 (水)

[仕事] 思考停止組織の作り方

例えば、「絶対の答を持つ人はいないという前提」。トップや上司が、今の立場を笠に着たり過去の経験に物を言わせたりして、まるで工場でモノを検査するように現場の仕事を「ヨシッ」「ダメッ」とやっていると、絶対者に採点される訳ですから答え合わせをするような腰の引けた仕事ぶりになっていきます。

思考停止組織の作り方

自分のチームのメンバーが「考えた」仕事するには、やっぱりある程度の裁量、うまく行った時の称賛はないと人は育たないと思うのだ。理想論と言われるかもしれないけど、なでしこジャパンの監督みたく「横から目線」が大事なんだろうな。僕も肩書きはないけど、自分の会社の中だけで見ればそれなりの経歴を積み重ねているポジションにはあるので、これは気をつけないといけないなぁ。

きつい仕事でも一定の裁量と共にをまかせられれば面白いし人は育つ。逆もそう。

個人の裁量が限りなくゼロに近い、アウトプットとしては何もなくてもとりあえずルールを守っていれば文句は言われないという環境下で仕事する機会が最近あったのだけど、やっぱり面白くなかったしね。

やっぱり面白くないとね、いろいろと。

2011年7月 3日 (日)

[仕事] あと味の悪いデスマ脱出

今週も土曜日出勤。日曜日出勤も覚悟していたのだけど、まるで神風が吹いたように、予想外の展開でひとまずはデスマの1つを脱出できた。

それはいいんだけど、今回のは何ともあと味がよろしくない。

ビジネスなんでね、契約履行の対価としてお金を頂ければいいって言えばいいんだけど、実際はそんな単純なもんじゃない。

ITの世界って言っても、結局は人と人のつながりで持ってるんだもん。

然るべきときに「ごめんなさい」「ありがとう」が言えない人とはいい仕事はできないなぁ。結局のとこね。

会社境界を越えて、チームを作るせっかくのチャンスだったと思うのに、真逆の結果に持って行くのはある意味すごい手腕だ。

他の会社のこととは言え、あれじゃメンバーはかわいそうだよなぁ。、

自分がどうなのか再確認する機会になったし、いい勉強にはなった。それは収穫だった。

いいものを作って、みんなが成長できるのがいいね。

実はもう1つデスマをやっつけないといけない。けどそれは月曜から考えることにして、明日は家族の時間を楽しみましょ。

2011年6月15日 (水)

[仕事] gdgdなプロジェクトに入る

ちょっと前から参加しているプロジェクト、格好良く言えば「火消しの助っ人」、実際のところはほぼ「敗戦処理」。でもこれを何とかしないと先に進めない。そんな感じ。

近年まれに見るgdgdさ満点のプロジェクトにおいて、いろいろ考えるところは多いけど、この業界の唯一のリソースってのは、やはり人なんだよなぁって思いが強い。

今しばらくはしんどい期間が続くし、文句や愚痴の一つもあるけど、まぁこんな現場に声がかかるっては、技術者としてまだまだ賞味期限は切れてないってことんだろうなぁといいように考える。

それにつけても、しんどいときこそ笑いだよね~。これは大事。明日からも頑張ろう。

続きを読む "[仕事] gdgdなプロジェクトに入る" »

2010年9月25日 (土)

[仕事] IT業界って、ららーらららららーっと♪

学生時代のバイトを別にすればIT業界でしか働いたことがないから、他業界のことはよく分からないのだけど。

けど自分の近い職場とか直接の取引先だけに限って見ても、会社に来られなくなる人が年に2~3人は居るってのは、やっぱり何だかなぁって気がする。

今日もそんな話しを聞いた。

どんな仕事でもしんどいもんやしそれは仕方ないのだけど、でも超えちゃいけない一線だよなぁ。

何だかんだと仕事はあるし、お陰さまで食いっぱぐれがないのはほんとにありがたいのだけど。WLBとかそんなんとは無縁な世界で、1日中仕事ばっかりしてコンピューターと売り上げの話しばっかりしてて、「せめて息子が独立するまでちゃんとやっていけるのだろうか」とか、そんなことを考えると、やっぱり時々気持ちがどよーんと落ち込むことはある。あんまり何にも考えていない僕ですらある。

カラ元気も出ないときもある。しんどくなったので今日はもう寝る。

2010年6月16日 (水)

[日記] ひとごとじゃないなぁ

今日知った話し、友人のことだけに気が重い。
食っていく、というかそれでも家族を養っていかなければならないって、辛いだろうなぁ。

本当にいざとなったら、周りは助けてくれない(当然と言えば当然なんだけど)ってことだ。家族とか自分のことは自分で守らないといけないってことだ。

詳しくは書かないのだけど、やっぱ、生きていくって大変ってことだ。

2010年3月10日 (水)

[仕事] アンチパターン集か?

今回は子育て全く関係なしで仕事のこと。

今やってるプロジェクト。プロジェクトマネージメントにおけるアンチパターンを引っ掻き集めて持ってきたようなもので、何故未だ崩壊していないのかが分らないというプロジェクト。絡んでいる会社が多いので、思うところはあっても中々思うように手を出せないとこがおおいので、愚痴と言うか文句ばっかりになってしまうのだけど、自分が次のステップに進むときに(進めるのか?(笑))、あの時の立場で自分はこうおもっていた、ということを振り返れるようにちょっとズラズラ書いておく。

続きを読む "[仕事] アンチパターン集か?" »

2009年8月13日 (木)

[日記] 寝かしつけでそのままおやすみ

眼が覚めたら3:30。僕は風呂上がりの短パンのまま。パソコンの電源も入りっぱなし。昨晩息子を寝かしつけながら、自分もそのまま自爆だ。

で、眼がさめてらはみがきしてパソコンをちょっといじって。最近このパターンが非常に多い。エアコンは動きっぱなし。これじゃぁ身体がキレる訳がない。

昨日はせっかくのお盆休みやのに一日家でゴロゴロ。疲れがだいぶ溜まってるってことか。もったいないけど仕方ないなぁ。

仕事の方は、そろそろ着火寸前になってきた。今の状況が「嵐の前の静けさ」なのくらい、この仕事をずっとやっていれば誰だって分かるはずなのに。「上司のために仕事をやらされている」人ばっかりで、色んなことの進みが悪い。着火してしまったらそういったしょうもない仕事が無くなるので、色んな事が前に進みはするのだが。。。

今やっていることの先に何が待っているか考えて行動したらいいと思うのになぁ。人間は弱い方に流される。

まっ、仕事に限った話ではないけど。

明日こそはスカッとした気分で過ごそう。いや、もう今日やけど。

2009年4月 2日 (木)

[仕事]年度始まりな感じ

昨日から新年度。かなり長期間続いてきた高負荷状態も、年度末できっちり(?)終って昨日はけっこう早い時間に帰宅できた。同期が「たまには(呑みに)どうや?」と誘ってくれて嬉しかったけど、平日に息子を風呂に入れることができるのもメッタにない機会なんで「ゴメン」。

家に帰ったら息子が起きていて、奥様は普通にいろんなことをしていて、ってこの感じはいいなぁ。ごく普通の感じのはずなのに、何年振りかのような気がするのは何故かいね。

まぁあんまり負荷が低いのは会社的にも僕的にもよろしくないのだが、前年度は忙しい時期が長かったので、1~2週間くらいは軽く充電できてもいいのかなぁと思う。仕事の面でも、いつもは出来なさそうな業務改善のこととかにも目を向けようかなと。あぁなんて前向きなんだろう、オレ(笑)。睡眠が足りているとこうも違うもんなのか。

昨日は早く寝たので今朝は早く目が覚めた。なんて分かり易い。目が覚めて、朝ごはん食べ終わってまだこの時間だ(笑)。

その他のカテゴリー